中経の文庫<br> 四季に寄り添い、いやされる暮らし

個数:
電子版価格 ¥734
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
四季に寄り添い、いやされる暮らし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 21時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046013828
  • NDC分類 590

内容説明

日本人の暮らしは四季によって彩り豊かになっています。本書は、“七十二候”をひも解きながら、いまに残るなじみ深い習慣や行事に、日々の暮らしを織り込んだ「暮らしのエッセイ」です。本書初公開の、著者が今まで描きためてきた「水彩画」を収録しているので、ファンの方は必見です。

目次

1章 四季(春夏秋冬)を慈しむ暮らしごよみ(一節気 立春;二節気 雨水;三節気 啓蟄 ほか)
2章 四季折々家しごと―季節に寄り添い、自然と快適に暮らす(春の暮らし;夏の暮らし;秋の暮らし ほか)
3章 季節の“うつろい”を大切にする暦(暦が教えてくれること;五節供の行事;雑節の行事習慣 ほか)

著者紹介

沖幸子[オキサチコ]
暮らしのエッセイスト。生活評論家。家事サポートサービス「フラオグルッペ」代表。大学客員教授(起業論)や経済産業省、厚生労働省などの政府審議会委員も務める。ドイツ、イギリス、オランダで生活マーケティングを学び、グローバルな視点を持つ暮らしデザイナーとしてテレビ・雑誌・講演などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本人の生活に根付く「四季」を見つめた、暮らしのエッセイ!

日本人の、自然によりそう繊細で優雅なこころと暮らし方。
こんな昔からの暮らしの知恵や心配りは、いまでもその気になれば暮らしのあちこちに見つけることができます。
ほとんどの暮らしの知恵やそのこころは、ものは多いけれどこころが満たされない今の暮らしに、ゆとりと豊かさを与えてくれるような気がします

忙しいからと言って、ついつい遠のいてしまう四季折々の日本の伝統行事。
むずかしく考えず、少しだけ、できるものから、自分なりの暮らしスタイルにそれらの知恵を加えるだけでもいいのです。
ふだん何気なくやり過ごしていた季節の行事にも、先人の深い思いやりや優しい心を見つけ、こころが雪どけのように柔らかく溶けてくることがあります。

そして、何気ない日々が、とても大切で特別に思えてくる。
これこそ、どんな豪華なものよりも豊かな暮らしかもしれません。
日々の暮らしで心が疲れたとき、そっと開いて頂ければ幸いです。

(プロローグより一部抜粋)

1章 四季(春夏秋冬)を慈しむ暮らしごよみ 
2章 四季折々 家しごと
~季節に寄り添い、自然と快適に暮らす~
3章 季節の“うつろい”を大切にする暦

【著者紹介】
HASH(0x3d2eeb8)