日本人がつくる世界史

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

日本人がつくる世界史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046012364
  • NDC分類 204

内容説明

今こそ日本を中心とした、日本から見た世界史が必要である。自己中心的でない、傲慢でない日本人こそ公平な世界史が語れるのだ。保守言論界の長老と東洋史の専門家の人気対談番組、待望の書籍化!憲政史家・倉山満との対談も収録。

目次

第1章 「偏った世界史」にいかに日本人は騙されてきたのか
第2章 「間違いだらけの世界史」と自信を持てなさすぎた日本人
第3章 フランス革命、マルクス主義とは何か?クリミア問題とは何か!?
第4章 真実を知ることによって世界に誇れる日本が見えてくる
第5章 「真の学問」とは何なのか?崩壊していく日本の大学と教科書
第6章 特別ゲスト対談・一六四八年にできたウェストファリア体制で世界はようやく日本の『古事記』時代に追いついた
終章 新しい世界史はどのようにつくるべきか?その方法論と完成形について

著者紹介

日下公人[クサカキミンド]
1930年兵庫県生まれ。評論家。東京大学経済学部卒業。日本長期信用銀行取締役、多摩大学大学院教授、社団法人ソフト化経済センター理事長、東京財団会長を歴任。現在、日本財団特別顧問、三谷産業株式会社監査役、日本ラッド株式会社監査役、原子力安全システム研究所最高顧問

宮脇淳子[ミヤワキジュンコ]
1952年和歌山県生まれ。東洋史家・博士(学術)。京都大学文学部卒業、大阪大学大学院博士課程修了。夫である岡田英弘・東京外国語大学名誉教授の歴史学を継承し、従来の東洋史の枠組みを越えて、中央ユーラシアの視点に立った遊牧民の歴史と、草原と農耕地帯を総合的に見る中国史を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本が世界の中で現在切迫した状況に置かれているのは、 日本人が世界史を書いてないからである。いま日本人が為すべきことを超鳥瞰図的な歴史を踏まえて語ります。誇りある日本人になりたい人、必見!