角川文庫<br> 恐竜物語―奇蹟のラフティ〈上〉

角川文庫
恐竜物語―奇蹟のラフティ〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 370p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041319147
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大学を辞職し、家族〈妻・百代、ロイ(20歳)、千恵(10歳)〉と共に東北海道に移住した立野昭良博士は、知床の風不死の沢の貝塚で、化石化していない恐竜の卵の殻を発見した。これは、古代人が天然の冷凍庫といえる氷の洞窟にあった卵を食べて捨てたと考えられる。ということは、誰も棲みついた事のない洞窟には、氷づけされた恐竜の卵が眠っているにちがいない。博士は、何とか恐竜の卵を発見し、1億年の眠りから現代に蘇らせようという壮大なプロジェクト計画を開始した。離婚したロイの実母の生物学者キャサリンを米国からよびよせ、博士邸では、世紀の恐竜復活の施設が出来あがっていったが…。ムツゴロウ氏が贈る、愛と夢と冒険のサイエンス・ファンタジー。