角川oneテーマ21<br> 科学と人間の不協和音

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

角川oneテーマ21
科学と人間の不協和音

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784041101117
  • NDC分類 404
  • Cコード C0295

内容説明

現代科学の“危うさ”を検証しポスト原発事故の科学を構想する。

目次

はじめに
第1章 “科学者”と“素人”のあいだの深い溝
第2章 役に立たない科学の居場所
第3章 欲望と科学の共犯関係
第4章 科学という神話、科学という宗教
第5章 科学を支えるもの、科学を縛るもの
終章 地下資源文明から地上資源文明へ―原発事故後の科学

著者等紹介

池内了[イケウチサトル]
1944年、兵庫県生まれ。67年、京都大学理学部物理学科卒業、72年、同大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士(物理学)。国立天文台教授、名古屋大学大学院教授、早稲田大学特任教授などを経て、総合研究大学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ科学が人間を傷つけてしまうのか――「科学不信」の根源を問う。

欲望の道具として消費され、ときに人間を傷つけさえする現代科学。戦争や市場経済に翻弄されてきたその”危うさ”を科学者自身が再検証し、原発事故のあと目指すべき「地上資源文明」への転換を構想する。