MF文庫J<br> 剣魔剣奏剣聖剣舞〈2〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
剣魔剣奏剣聖剣舞〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040684826
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

最強剣聖が美少女剣姫を弄ぶ、邪道戦記ファンタジー、第二弾!神より与えられし不壊の“神剣”とそれを駆る“剣聖”が祖国の威信をかけて戦う戦乱の
時代。“絶華十剣”のひとり・ソーロッドを圧倒的な強さでねじ伏せ、従者としたリューインが次に向かったのは、背徳の貴公子ミクローシュに支配されたレハール公国だった。リューインをスカウトしようとするキリリクを加えた一行は、身分を隠してミクローシュの屋敷にもぐり込むことに成功する。ここにリューインが捜し求める神剣の一振りがあるというのだが……。「あなたはソーロッドを
傷つけた。それだけでもう死ぬべきだ。あの子を傷つけていいのはぼくだけなのに」
最強剣聖が世界を弄ぶ前代未聞の邪道戦記ファンタジー、待望の第二弾!

嬉野 秋彦[ウレシノ アキヒコ]

カグユヅ[カグユヅ]

内容説明

神より与えられし不壊の“神剣”とそれを駆る“剣聖”が祖国の威信をかけて戦う戦乱の時代。“絶華十剣”のひとり・ソーロッドを圧倒的な強さでねじ伏せ、従者としたリューインが次に向かったのは、背徳の貴公子ミクローシュに支配されたレハール公国だった。リューインをスカウトしようとするキリリクを加えた一行は、身分を隠してミクローシュの屋敷にもぐり込むことに成功する。ここにリューインが捜し求める神剣の一振りがあるというのだが…。「あなたはソーロッドを傷つけた。それだけでもう死ぬべきだ。あの子を傷つけていいのはぼくだけなのに」最強剣聖が世界を弄ぶ前代未聞の邪道戦記ファンタジー、待望の第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

16
ソーロッドを従者としたリューインが次に向かったのは、背徳の貴公子ミクローシュが支配するレハール公国。一方で神剣とソーロッド奪還に向けてかつての仲間が送り込まれる第二弾。独立への不穏な空気を隠そうともしないミクローシュと、その懐に飛び込みながら辛辣でマイペースなリューイン、そんな彼がからかいながらも妙にこだわるソーロッドの存在。彼の旅の目的の先にあるものや、明かされてゆく記憶喪失前のソーロッドとの因縁が気になるところですが、一言では言えない二人の微妙な距離感がどう変化してゆくのか、次巻がとても楽しみですね。2016/07/22

真白優樹

7
探し求めた神剣を手に入れる為、怪しい地方領主の元に赴く今巻。―――笑う虎は暴虐のままに蹂躙する。暴虐の独裁者の領地はリューインの好き勝手に巻き込まれ大きな嵐に巻き込まれ荒らされていく。自由奔放なその旅路の中、見えてくるのはソーロッドとリューインの過去の関係の一端、そしてリューインの本当の目的。精神面での未熟を曝し高潔な精神故にもがくソーロッド、そんな彼女を傷つけられた事に本気で怒り領主を蹂躙、壊滅へと追い込むリューイン。世の中を弄ぶ彼らの旅路は果たして次はどこへ向かうのか。 次巻も楽しみである。2016/07/26

村人

5
リューインがソーロッドを旅の従者に引き連れる真相が徐々に明かされていくなかで、ソーロッドの記憶を取り戻した先に何が待ち受けることになるのか、その分岐点にたどり着くまでこの物語を追い続けたくなる。2016/07/23

天涯

5
ベテラン作家ならではの安定した出来。心配なく読める。他作品に比べて灰汁が強い印象はあるが、問題は無い。ヒロインがアホっぽいのもこの作家の特徴だが、このヒロインもしっかりと成長してくれるのだろう。2016/07/22

HANA

4
シリーズ2作目。主人公とヒロインの関係性がちょっとずつ良い感じになってきているのでこれからが楽しみ。にしても主人公の底の見えなさが良い。2016/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11059278

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。