インディアナ、インディアナ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022501875
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

ひとりの男のこころと人生が一行一行から浮かび上がってくる。静かで哀しく無類に美しい小説。

著者等紹介

ハント,レアード[ハント,レアード][Hunt,Laird]
1968年シンガポール生まれ。作家。デンヴァー大学教員

柴田元幸[シバタモトユキ]
1954年東京生まれ。東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

121
これはお勧め。プロットは分かりにくいし、魅力的な登場人物が出てくるわけでもない。それでもこの小説は、読み手の心を強く揺さぶる強い力を持っている。これほど哀しみに満ちた小説はあまりないだろう。ノアが見たこの世界とオパールの手紙が交互に出てくる内容で、最初のうちは何を言いたいのか掴むのが難しい。それでも詩的な語り口が素晴らしく、私達が普段見ている世界を別の角度から見たはっとするような美しさが浮かび上がってくる。最後まで読んで、なぜこれほどノアが喪失の悲しみに暮れているか分かった時に、涙で視界が滲んだ。2016/11/27

キムチ27

64
「優しい鬼」でハントのひとかたならぬ才に惹かれ選書。柴田氏訳、しかも巻末にもあるプッシュが熱い。【髪にコウモリがいる】という語彙の意が判ると作品の理解への層も更に厚くなる。食いつきは、低温‥なかなか脳に染み込まず呻吟。音読してみると案外、ふんわり誘われるかの如く、ノアがぼんやりと姿を現して来た。装丁の屹立する大ぶりの時計、振り子。まるで彼のモニュメント?と思わせられる。刻む時は社会とは相いれなかったろう、でもその痛みすら、もはや超越してきたのだろう・・美しい時間が流れたというのは情緒的過ぎる。現場で疾患2020/10/28

安南

46
インディアンの土地という意味を持ちながら、すでに彼等はここにはいない。彼等と開拓者たちの夥しい血を吸い歴史を刻んできた大地は時を失くしたいと破壊された柱時計が埋められている。ノアの方舟は小動物の骨、昆虫の羽で作ったレンズ、一対の面など追憶の形見であるガラクタを乗せ、記憶の奔流に流され揺蕩う。告示の鴉は屠られ、舟は永遠に岸に辿り着くことはない。搔き集めた指の間から零れ落ちる記憶の断片のなんと輝かしいこと。失われたものこそ美しく愛おしい。静かな語りに胸が締め付けられ、目が潤む。比類なき愛の物語に出会えた。2016/01/22

どんぐり

40
“元気で オパール”と署名の入った「いとしいノア」への手紙。そしてノアが語る物語。ノアは何年ものあいだ、いろんなものが見え、自分に向かって声を出して喋るようになり、精神に障害を抱えている。最初はぼんやりとしかわからないが、ノアの語りの世界にはいりこんでいくうちに次第に過去と現在が形をなしていく。今年東大を退官した柴田元幸氏の静謐で情感あふれる訳文が心地よい。2014/04/04

みねたか

26
年老いた男の回想、独白と、女からの手紙を中心に綴られた作品。時系列もバラバラに絡まったエピソードがときほぐされる後半。劇的なクライマックスはあえてつくられていないが、数十年分の悲しみと諦念を、抑制された筆致で描いていて、しだいに心を揺さぶる。読み返したらまた違った味わいを見せてくれるに違いない。2016/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/37545

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。