岩波新書
市民自治の憲法理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 196p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004100423
  • NDC分類 323.14

出版社内容情報

憲法は国家のものか,市民のものか.今日,市民運動の昴進は,従来国家統治の対象とみられていた市民こそが,憲法理論をつくる主体であることを認識させつつある.本書は,既成法学の国家法人論的概念構成を批判し,市民自治から発する分節政治システムと,基本的人権を核とした国民の政府への機構信託を構想することによって,憲法学と政治学の結合を前提とした,国民主権の日常的発動を目標とする憲法理論の再構成を具体的に展開する.