• ポイントキャンペーン

自由の平等―簡単で別な姿の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 349,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000233873
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0012

内容説明

少子高齢化、不況と失業、逼迫する財政。私たちの不安をかき立てる社会状況への対処法として近年もてはやされるのは、自己決定と自己責任、能力主義と自由競争であり、社会全体の調整・介入は批判されがちである。本書は、リバタリアニズム(自由至上主義)やリベラリズムのこうした磁場に対抗して、自ら障害者の介護や医療問題にも積極的に関わる気鋭の社会学者が、必要なものを必要な人に届けるための社会的分配の正当性を、さまざまな角度から徹底して考察したものである。

目次

序章 世界の別の顔
第1章 自由による自由の剥奪―批判の批判1
第2章 嫉妬という非難の暗さ―批判の批判2
第3章 「根拠」について
第4章 価値を迂回しない
第5章 機会の平等のリベラリズムの限界
第6章 世界にあるものの配置

著者等紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。信州大学医療技術短期大学部等を経て、現在立命館大学大学院先端総合学術研究科助教授。専攻、社会学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

働ける人が働き,必要な人がとる.一人一人が生きていくこと,その自由を守ることこそ,何より大切なことだから.「自由の平等な分配」から始まるオルタナティブな世界への道筋を,気鋭の社会学者が論じつくした意欲作.