負ける建築

個数:

負ける建築

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000021593
  • NDC分類 520.4
  • Cコード C0052

内容説明

都心に屹立する摩天楼、郊外に建ち並ぶ一戸建て住宅群…。流動する生活を強引に凍結して記念し、周囲の環境を圧倒する二〇世紀型の「勝つ建築」は、いまやその強さゆえに人びとに疎まれている。建築はもっと弱く、もっと柔らかいものになれないだろうか。さまざま外力を受け入れる「負ける建築」の途をさぐる、気鋭の建築家の手になる「受動性の建築論」。

目次

1 切断、批評、形式(切断から接合へ;場と物;批評性とはなんだったのか ほか)
2 透明、デモクラシー、唯物論(淋しいほどに透明な(デ・ステイル)
デモクラシーという幻想(シンドラー)
デモクラシーの戦後(内田祥哉) ほか)
3 ブランド、ヴァーチャリティー、エンクロージャー(公・ブランド・私;風俗住宅;コンクリートの時間 ほか)

著者等紹介

隈研吾[クマケンゴ]
隈研吾建築都市設計事務所代表。慶応義塾大学理工学部教授。1954年、神奈川県生まれ。東京大学大学院建築学専攻修了。コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員などを経て、1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

社会や生活の変化にも不動の位置を占め,周囲の環境を支配し続ける20世紀型「勝つ建築」は,その強さゆえに疎まれる.これからは,もっと弱くて柔らかい,「負ける建築」でなければならないのだ.気鋭の建築家による,未来の建築論.社会や生活の変化にも不動の位置を占め,周囲の環境を支配し続ける20世紀型「勝つ建築」は,その強さゆえに疎まれる.これからは,もっと弱くて柔らかい,「負ける建築」でなければならないのだ.気鋭の建築家による,未来の建築論.

★この本をお薦めします★~紀伊國屋書店梅田本店・森永達三
「負ける」というタイトルの言葉には、決してネガティブな意味が込められているわけではないものの、根本的に重厚長大産業である建築に対し著者が様々な限界を見出していることは確かなようです。ケインズ経済やバブル経済など、これまで建築を支えてきた経済的裏づけが失効した現在、建築にはどのような道が残されているのか。私のようなズブの素人でも引き込まれてしまうくらい、広くて深い著者の洞察に勉強させられます。