ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら

ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B4判/ページ数 1冊(頁/高さ 26X28cm
  • 商品コード 9784924330191
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

ドイツで古くから親しまれてきた道化師ティル・オイレンシュピーゲルの物語。諸国を放浪してはまきおこすその愉快ないたずらと中世ヨーロッパの姿を、人気絵本画家ツヴェルガーが生き生きと描き出しています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆーかり

16
リヒャルト・シュトラウスの交響詩が有名なティル・オイレンシュピーゲルのお話11話。絵はリザベート・ツヴェルガー。ティルは実在したかどうかは分からないけれど中世の道化。「ティルがフクロウと尾長ザルのパンを焼いたこと」「ティルが緑色の布を青色だと信じこませたこと」が好き。道化なら空も飛べるんじゃないかってね。2017/09/18

遠い日

10
ツヴェルガーさんの絵を求めて。語り継がれたオイレンシュピーゲルの道化話を、ヤーニッシュが独自の語り口を盛りこんだ本作品。とにかくツヴェルガーさんの絵が、見応えがある。それぞれの話のエッセンスをうまく取り出し、味付けした印象だ。道化の役回りをみごとに演じきるオイレンシュピーゲルからは、道化の悲哀より「してやったり」という満足感のほうを感じて、楽しかった。2014/05/31

けんちゃん

10
ブックオフで購入したので、再読。岩波文庫の方も早く読みたいと思っているのですが…2011/04/09

けんちゃん

8
リヒャルト・シュトラウスの曲でしかしらなかったオレインシュピーゲルですが、15世紀の昔からいろいろな逸話をもつ存在として、ドイツからヨーロッパ各地で知られていた…ということを初めて知りました。さまざまな研究もなされているようですが、深入りせずに、ティルの他人を命の危険にさらさないいたずら、を純粋に楽しみました。シュトラウスの曲はとてもよく合っていると思います。ツヴェルガーはこんな作品のイラストも描いていたんだ!とうれしくなりました。2011/03/19

がる 

5
ツヴェルガーの絵が好きなのだけど・・・話はいまいちピンときませんでした。2011/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/874725

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。