地球生まれの異星人―自閉者として、日本に生きる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784907725570
  • NDC分類 916

内容説明

いじめ、居場所を求めての留学、バブル期の東京で感じた違和感、職場でのつらい日々、摂食障害、アルコール依存…。さまざまな苦しみを味わいながら「自閉症」という診断をきっかけに立ちあがろうとする著者の魂の記録。

目次

第1章 地球に生まれる
第2章 ここはどこ?“外”の世界と初めての遭遇
第3章 私の居場所はどこに?
第4章 挫折
第5章 地球人と暮らす
第6章 立ち直りに向う日々
第7章 自分を探す道程

著者紹介

泉流星[イズミリュウセイ]
人生を通じて常に日本社会との違和感に悩んできたが、理由はずっと謎のままだった。自分の居場所を求めて高校時代にアメリカに留学。その後も色々な国を旅し、異文化の友人と交流する経験を通して、世界の多様さを楽しむようになる。大学卒業後就職し、事務・販売の仕事に携わるが、適性のない職場で混乱する。その後結婚。経済的自立を失った自分にふがいなさを感じ、アルコール依存や摂食障害を経験する。結婚生活にも行き詰まりを感じ、自分のどこが不具合の原因なのか生来の旺盛な好奇心を発揮して色々な文献を調べていくうち、自分の自閉症的な傾向に気づき、三十代半ばにして自閉症スペクトラムとの診断を受ける。組織に属して働くことは難しいため現在はフリーランスで、技術特許やテレビ番組のための翻訳などをしている。フィクション・ノンフィクションも書いていて、学生のころ短編小説で賞を受けたこともある。雑誌へ記事を投稿した経験もある。自らのサイトMoonWritingではWebコラムを連載中