散策&観賞 奈良大和路編―古都の美術・歴史を訪ねて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784897041865
  • NDC分類 291.65
  • Cコード C2026

目次

奈良北部(奈良公園;奈良国立博物館 ほか)
奈良西部(法隆寺;中宮寺 ほか)
奈良東部(山の辺の道;天理大学附属天理参考館 ほか)
奈良南部(今井町;今井まち衆博料館・新堂屋 ほか)

著者等紹介

木下長宏[キノシタナガヒロ]
同志社大学文学部を卒業後、京都芸術短期大学で美術史を教え、主に東アジア美術史を中心に、日本の近代から現代にかけての芸術上の諸問題を研究。その間、1980・81年には中国・敦煌石窟、1983~85年にかけてはフランスにおけるアジアと日本芸術に関する研究の成果等の調査研究を行う。1998年4月、横浜国立大学人間科学部教授に就任。美術と文学の歴史を見据えた芸術思想史の研究をテーマに、幅広い学究活動に取り組んでいる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。