MGHクリティカルケアブック (第3版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 744p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784895923231
  • NDC分類 494.22
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 好評の『MGH術後管理の手引』を重症患者管理全般にまで内容を拡大し充実させた、改訂新版というよりも“進化版”。世界に冠たるMGH(マサチューセッツ総合病院)の豊富な経験と英知を総結集。クリティカルケアの基本原理、内科的考察、外科的考察の3部構成。日々遭遇する問題を解決するための手がかり、具体的なアプローチの方法を簡潔、明解に提供する。内科・外科・麻酔科を問わず、クリティカルな患者のケアに関わるすべての医療スタッフに必携の書。    

《目次》
I クリティカルケアの基本原理  1. 血行動態のモニタリング 2. 呼吸のモニタリング 3. 気道の管理 4. 機械的人工換気 5. 鎮静 6. 鎮痛 7. 筋弛緩 8. 栄養 9. 低血圧とショック 10. 循環管理 11. 神経集中治療 12. 血液学と輸血療法 13. 大動脈内バルーン補助(対向)拍動 14. 体外膜型肺(ECMO) 15. 成人と小児の心肺蘇生 16. 終末期の倫理問題
II 内科的考察  17. 冠動脈疾患 18. 心臓弁膜症 19. ペースメーカと植え込み型除細動器 20. 急性呼吸促迫症候群 21. 慢性閉塞性肺疾患と気管支喘息 22. 肺塞栓症と深部静脈血栓症 23. 腎疾患 24. 肝疾患 25. 消化管疾患 26. 内分泌疾患 27. 感染症の総論 28. 感染症各論 29. 急性脳損傷 30. 急性脱力,脊髄損傷,脳腫瘍 31. 薬物過量摂取,中毒,副作用 32. 皮膚症状
III 外科的考察  33. 外傷患者での特別な考慮 34. 熱傷患者 35. 一般胸部外科 36. 心臓外科 37. 血管外科 38. 肝,腎,膵臓移植 39. 新生児集中治療 40. 産婦人科
IV 付 録

内容説明

本書の構成は、クリティカルケアの基本原理、内科的考察、そして外科的考察の3部に大きく分けられている。最後には付録として、薬物の適応や投与法、注意点、検査の正常値などがまとめられている。クリティカルケアにおいて日々遭遇する問題を解決するための手がかりや方法がわかりやすく具体的に述べられている。

目次

1 クリティカルケアの基本原理(血行動態のモニタリング;呼吸のモニタリング;気道管理 ほか)
2 内科的考察(冠動脈疾患;心臓弁膜症;ペースメーカと植え込み型除細動器 ほか)
3 外科的考察(外傷患者での特別な考慮;熱傷患者;一般胸部外科 ほか)
4 付録

著者等紹介

稲田英一[イナダエイイチ]
新葛飾病院副院長

槇田浩史[マキタコウシ]
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科心肺統御・麻酔学分野教授

四津良平[ヨズリョウヘイ]
慶応義塾大学医学部外科(心臓血管)教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。