続々 復活珍品上方落語選集

個数:
電子版価格 ¥3,024
  • 電書あり

続々 復活珍品上方落語選集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月21日 15時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 390p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784889780383
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0076

内容説明

長編人情噺『解けやらぬ下関水』や、芝居噺『自来也』など、平成の今日、実際に高座で演じられることが稀なネタを集めた、上方落語集の第三弾。ネタの解説や考察は、今後の落語研究の参考にもなり、研究書としての一面も併せ持つ。

目次

吉野狐
おたおたの太助
左甚五郎猫餅
うんつく酒
湯文字誉め
貝野村
浄瑠璃乞食
盆唄
五人裁き
走り餅
綱七
自来也
鍬盗人
解けやらぬ下関水

著者等紹介

桂文我[カツラブンガ]
本名・大東幸浩。昭和35年、三重県松阪市生まれ。昭和54年、二代目桂枝雀に入門。平成7年、四代目桂文我を襲名。現在、全国各地に「桂文我の会」を持ち、年間約300回の高座をつとめる。埋もれた落語の復活や、東京落語からの移入、そして、子どもにもわかる落語の普及にも力をいれる。国立演芸場花形演芸大賞、咲くやこの花賞などを受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。