妻を亡くしたとき読む本

妻を亡くしたとき読む本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883382729
  • NDC分類 367.4
  • Cコード C0036

内容説明

妻を喪って悲嘆にくれる10人の体験集。

目次

1 伴侶を亡くしたあなたに―妻を亡くした方々の体験集(七年後の出発…「普通のおじさんになっちゃダメだよ」;立ち直るなんて所詮できないのではないでしょうか?;妻亡き現実から逃避ばかりしているわけにはいかない ほか)
2 死別の悲しみを癒すために―著名人・専門家からのメッセージ(死の彼方を望む時;「時が癒す」なら、時間が満期になるまで、待てばいい;霊界で一緒にいられる幸せを、なお味わっている ほか)
3 心を解き明かす―専門家が贈る立ち直りのためのアドバイス(妻を亡くすということ;立ち直るまでの「悲嘆のプロセス」;死別から立ち直るために)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ume-2

4
”配偶者との死別は人が人生において経験する可能性のある出来事の中で最も重大なもの”とあります。精神ダメージにランク付けするには抵抗もありますが、これが最大であるという説もあります。内容は①一般の方々の体験談、②専門家からのメッセージ、③立ち直りのためのアドバイスの三章。夫を亡くした妻を未亡人と言うに対してその逆は「やもお」といった聞き覚えの無い語句しかない。それは男女の寿命差や夫の年長率の高さから圧倒的に前者が多いため。死別の後、必ず訪れる後悔や自責には良かったことを探す事。自分だけではない事を知る事。2015/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1828140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。