総合防災学への道

個数:

総合防災学への道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 00時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 590p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876986774
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C3051

内容説明

災害の実態を見据える。危険に対する人間の偏見を知る。そうして事前の警戒力を高め、臨機応変に非常時へ対応できるコミュニティをつくる。従来型の建物を丈夫にし、避難空間や避難経路を確保するだけではなく、日常的にはアメニティを確保するなど環境の質を向上させるハード面での整備はもちろん、人と人のつながりを強めるソフト面での「まちづくり」を考える。防災を総合的に考え、行政と地域住民が協働で防災に取り組むことにより、災害に強い社会を目指す。

目次

第1章 総合防災学へのPerspective(生命体システムとしてみた都市・地域と総合防災;生命体の多様性―身の丈を知る知恵と相互扶助の知恵 ほか)
第2章 防災情報論(防災情報とは何か;災害リスク情報の認知と減災行動 ほか)
第3章 防災まちづくり論(防災まちづくりのためのモデル;伝統構法木造住宅の耐震設計・耐震補強 ほか)
第4章 防災環境論(環境と防災;京都の水辺の歴史的変遷と防災 ほか)
第5章 防災行動論(行動としての防災学;災害ボランティアの現状 ほか)

著者等紹介

亀田弘行[カメダヒロユキ]
京都大学名誉教授

萩原良巳[ハギハラヨシミ]
京都大学防災研究所教授

岡田憲夫[オカダノリオ]
京都大学防災研究所教授

多々納裕一[タタノヒロカズ]
京都大学防災研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Ray

0
ゼミのレポート用2010/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/341074

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。