「集団自決」を心に刻んで―沖縄キリスト者の絶望からの精神史

個数:

「集団自決」を心に刻んで―沖縄キリスト者の絶望からの精神史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月14日 04時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784874981610
  • NDC分類 198.321
  • Cコード C0036

内容説明

沖縄戦の“極限の悲劇”「集団自決」から、はからずも生き残り、両親、弟妹を失って孤児となった16歳の少年は、その「戦後」をどう生きてきたか―。「平和」の創造を人間が生きる核心の課題と見さだめ“歴史の証言”を語り続ける一キリスト者の精神史。

目次

1 「皇民化教育」と沖縄
2 極限の悲劇「集団自決」
3 絶望の底から
4 勉学と労働と信仰と
5 牧師への道・アメリカ留学
6 沖縄キリスト教短大の創立と発展
7 なぜ「集団自決」を語り始めたか
8 教科書裁判の法廷に立つ
9 問われなかった戦争責任
10 課題としてのキリスト教平和学