野分けのあとに

個数:

野分けのあとに

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月18日 23時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784863111394
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

母への深く激しい怒りと憎しみから、気づいたときには食べることをやめていた。すべてが、どうでもよかったのだ。私を救い上げてくれたのは、西丹沢の厳しくも美しい自然と、確かな手応えをもたらす土だった。精一杯にならなければ生きていけない農的暮らしは素晴らしかった。そんな中でもいつも、母のことが重く引っかかっていた。一生このまま、母を憎んだまま、私は生きていくのか…。苦しみの果てに彼女が見いだした一筋の光とは。第三回「暮らしの小説大賞」受賞作。

著者等紹介

和田真希[ワダマキ]
1984年静岡県富士宮市生まれ。多摩美術大学美術学部卒業後、ヨガインストラクターを経て、2011年より神奈川県西丹沢の限界集落に移住。農的生活のなかで、子育て、絵の制作、執筆を行う。第三回「暮らしの小説大賞」を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

母への深い愛憎を抱きながら、それでも続いていく日々を生きる。母娘の確執を体当たりで描いた第三回暮らしの小説大賞受賞作。母への深く激しい怒りと憎しみから、気づいたときには食べることをやめていた。すべてが、どうでもよかったのだ。
私を救い上げてくれたのは、西丹沢の厳しくも美しい自然と、確かな手応えをもたらす土だった。
精一杯にならなければ生きていけない農的暮らしは素晴らしかった。
そんな中でもいつも、母のことが重く引っかかっていた。一生このまま、母を憎んだまま、私は生きていくのか……。

苦しみの果てに彼女が見いだした一筋の光とは。

第三回「暮らしの小説大賞」受賞作。

和田 真希[ワダ マキ]
和田真希(Maki Wada)
1984年、静岡県富士宮市生まれ。多摩美術大学美術学部卒業後、
ヨガインストラクターを経て、2011年より神奈川県西丹沢の限界集落に移住。
農的生活のなかで、子育て、絵の制作、執筆を行う。
第三回「暮らしの小説大賞」を受賞し小説家デビュー。

山本 由実[ヤマモト ユミ]