比較の亡霊―ナショナリズム・東南アジア・世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 605p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861820373
  • NDC分類 311.3
  • Cコード C0020

内容説明

タイ、フィリピン、インドネシアにおける国家の成立過程の精細な分析と「比較」を通してナショナリズムの起源・性質・将来を理論的・実証的に探究し、ナショナリズムの深層論理を明らかにする待望の労作。

目次

第1部 ナショナリズムの長い弧(ナショナリズム、アイデンティティ、系列性の論理;レプリカ、アウラ、後期ナショナリズムの想像力 ほか)
第2部 東南アジア各国研究(暗黒の時代、光の時代;専門的な=専門家の夢―二つのジャワ古典に関する考察 ほか)
第3部 東南アジア比較研究(東南アジアの選挙;共産主義後のラディカリズム ほか)
第4部 なにが残されたか(不幸な国;ネーションの善性)

著者等紹介

アンダーソン,ベネディクト[アンダーソン,ベネディクト][Anderson,Benedict]
1936年、中国昆明生まれ。コーネル大学名誉教授(政治学・国際研究)。ケンブリッジ大学(古典)を卒業後、アメリカに渡りコーネル大学で東南アジア地域研究を修める。インドネシア政治文化研究において地歩を固めたものの、1965年のいわゆる9月30日事件を機に成立したスハルト政権を批判し、インドネシアへの入国を禁止される。これを契機に研究対象をタイ、フィリピンに拡げ、1983年には、現在では新古典とも評価される『想像の共同体』を発表し、アジア研究、政治研究、ナショナリズム研究のみならず、歴史研究、文学研究にも衝撃を与えた

糟谷啓介[カスヤケイスケ]
1955年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科教授。専門は言語社会学、言語思想史

高地薫[コウチカオル]
1971年生まれ。東京大学東洋文化研究所研究員。専門はインドネシア政治史

イヨンスク[イヨンスク]
一橋大学大学院言語社会研究科教授、博士(社会学)。専門は社会言語学

鈴木俊弘[スズキトシヒロ]
1972年生、一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程在籍。専門はフィンランド学、フィンランド近代史・移民史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenken

0
難解なアンダーソンの英語を丁寧に訳した方々にとにかく頭が下がる。ここに戻って読み返し、超えなきゃいけない壁を確認。2013/05/31

たぬき

0
あとで読めばよかったのかな

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/523528

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。