ローリーとふしぎな国の物語―プログラミングとアルゴリズムにふれる旅

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり

ローリーとふしぎな国の物語―プログラミングとアルゴリズムにふれる旅

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 22cm
  • 商品コード 9784839961084
  • NDC分類 K007
  • Cコード C3055

内容説明

ローリーは、森の中で道に迷い、ふしぎな国「ユーザーランド」に入り込んでしまいます。そこには、カメレオンのように体の色がくるくる変わるトカゲや、カメに乗った古代ギリシア人など、変わった動物や人がいっぱい。ローリーは、出会った人に話を聞きながら、家に帰る道を探していきますが…?ローリーと一緒にコンピューターの世界でぼうけんしよう!対象:10歳以上。

目次

“ほぼ”迷子
かくれたお供
“筋が通っていること”と“合理的なこと”
いくつまでいける?
トータスの教え
ようこそシンボルへ
ティンカーさんとの取引
読めるかな?
方法は他にもある
繰り返し言っちゃダメ〔ほか〕

著者等紹介

ブエノ,カルロス[ブエノ,カルロス] [Bueno,Carlos]
元Facebookのエンジニアであり、グラフィックデザイナー、司書、書家、データサイエンティスト、ビデオゲームの修理屋でもある

奥泉直子[オクイズミナオコ]
北海道札幌市出身。小樽商科大学情報科学科(現社会情報学科)卒。中京大学情報科学研究科認知科学専攻、修士課程通信教育課程修了。大学在学中のニュージーランド留学を機に英語学習を本格化。その後、イギリス、オランダ、アメリカなどでの短期滞在経験を経て、現在は東京を拠点に活躍するフリーランスのユーザーリサーチャー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

――デジタルネイティブな子どもたちのための物語。本書は、ふしぎな「ユーザーランド」に迷い込んでしまったローリーが、家に帰るための方法をさがして旅をする物語です。ローリーは「ユーザーランド」で、個性豊かな人や動物たちと出会ったり、奇妙な町へ行ったり、おかしな問題を解いたりと、楽しくて、ちょっぴり大変な旅を経験します。そんなローリーと一緒に旅をするうちに、読者は、プログラミングやアルゴリズム、そして“いろいろな問題を解くための考え方”のエッセンスを、いつの間にか身に付けられるでしょう。※本書は、『Lauren Ipsum: A Story About Computer Science and Other Improbable Things』の翻訳書です。※対象年齢:10歳以上