ベトナム戦争の「戦後」

個数:

ベトナム戦争の「戦後」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 04時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 451p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784839601843
  • NDC分類 223.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

1975年サイゴン陥落以降の30年を総括したベトナム戦争論の決定版。第1部「ベトナムの戦後」、第2部「関連諸国――アメリカ、日本、中国、タイ、カンボジア、ラオス――にとってのベトナム戦争」。著者はいずれも気鋭の若手ベトナム研究者とジャーナリスト。ベトナム戦争世代の「思い入れ」を排除した斬新な切り口が特徴です。

第1部 ベトナムの戦後
第1章 ベトナムの革命戦争 中野亜里(早稲田大学他講師)
第2章 記者たちが見た英雄たちの戦後 グエン・ミン・トゥアン
   (元ベトナム祖国戦線機関紙『ダイドアンケット(大団結)』政治・経済部長)   
第3章 統一ベトナムの苦悩ッッ政治イデオロギーと経済・社会の現実 中野亜里
第4章 南部の貧困層と国際NGO活動に見る戦争の影響 船坂葉子・高橋佳代子
   (元NGOベトナム駐在スタッフ)
第5章 ベトナム人民軍隊の素顔 小高泰(元在ベトナム日本国大使館専門調査員)
第6章 人々の意識を荒廃させた経済・社会政策ッッドイモイ前の「バオカップ」制度と人々の生活
小高泰    
第7章 ベトナム戦争と文学 森 絵里咲(ベトナム現代文学研究者)
第2部 ベトナムの戦争と関係諸国
第1章 日本から見たベトナム戦争とその戦後 渡部恵子(読売新聞英字新聞部記者)
第2章 アメリカにとってのベトナム戦争――いまも続く「泥沼の教訓」論争 水野孝昭
   (朝日新聞ニューヨーク支局長)
第3章 周辺諸国にとってのベトナム戦争 鈴木 真(元日本経済新聞編集委員)
第4章  ベトナム戦争と中

目次

第1部 ベトナムの戦後(ベトナムの革命戦争;記者が見た英雄たちの戦後;統一ベトナムの苦悩―政治イデオロギーと経済・社会の現実;南部の貧困層と国際NGO活動に見る戦争の影響;ベトナム人民軍の素顔;人々の意識を荒廃させた経済・社会政策;抗米戦争と文学)
第2部 ベトナムの戦後と関係諸国(日本から見たベトナム戦争とその戦後;アメリカにとってのベトナム戦争―今も続く「泥沼の教訓」論争;周辺諸国にとってのベトナム戦争;ベトナム革命戦争と中国;国際共同体の一員として)

著者等紹介

中野亜里[ナカノアリ]
早稲田大学、國學院大学、城西大学、城西国際大学、慶應外国語学校非常勤講師。現代ベトナムの政治と外交を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ziglar

0
ベトナム戦争から出版当時(2005年)頃までの、ベトナムの社会全般に起こった変化について扱った本だが、第5章「ベトナム人民軍の素顔」では、戦争当時の北ベトナム正規軍についての記述あり。例えば食料の補給については、抗仏戦争期には周辺の農村からの支援で賄えたものが、抗米戦争期になると、より後方からの補給に依存するようになっていったこと、また、マラリア等の病気が大きな問題であり、半数以上の兵士が病死してしまった部隊もあったことなど、いわゆる「ゲリラ戦」の実際の姿がうかがえる。2012/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/126518

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。