近代アイヌ教育制度史研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代アイヌ教育制度史研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月12日 18時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 457,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832958319
  • NDC分類 372.11
  • Cコード C3037

内容説明

アイヌ児童を対象にした小学校(アイヌ学校)の設置から、その特設制度の廃止まで(1870年代~1930年代)、近代日本のアイヌ教育政策の展開過程を「北海道旧土人保護法」・「旧土人児童教育規程」・アイヌ学校の詳細な実態分析を基軸に考察する。

目次

序章 本書の課題と方法
第1章 アイヌ居住地の変容とアイヌ学校の設置
第2章 「北海道旧土人保護法」「旧土人児童教育規程」の成立と特設アイヌ学校の設置
第3章 アイヌ学校の実態
第4章 コタンの“エパカシヌ・ニシパ”―アイヌ学校の教員とコタンとの関わり
第5章 アイヌ教育政策とアイヌ民族の要求・批判との拮抗―アイヌ児童就学率「上昇」の実相
第6章 「旧土人児童教育規程」の廃止
第7章 一九三七年「北海道旧土人保護法」改正と特設アイヌ学校の全廃
資料編