今が楽しいんだよ―めぐみのガン日記

個数:

今が楽しいんだよ―めぐみのガン日記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784831856128
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

自ら病院に勤務しながら、二五歳で脳腫瘍を発病。「五年生存率六〇%」と告知され、それでも前向きに人生を楽しんだ、二七歳で亡くなるまでの、“いのち”の記録。

目次

ガンの告知・術後一年まで(~2000年3月)(大家族の引田家;高校生まで―殻の中から;手紙―娘から母へ・母から娘へ ほか)
引田めぐみ日記(2000年3月3日~12月28日)
再発・再びの闘病(2000年12月~2001年8月)(再発・最後の正月;抗ガン剤・放射線治療のための入院;病室での楽しみ ほか)
故めぐみさん宛て・ご家族宛ての手紙(引田めぐみ様・ご家族の皆様(小川由美子)
引田家御一同様(竹田恵美)
五七日(三十五日=忌明け法要)を終えて(引田悦子) ほか)

著者等紹介

引田めぐみ[ヒキタメグミ]
1973年、愛知県碧南市生まれ。1992年、愛知県立碧南高校卒業、国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院入学。95年、小林記念病院に作業療法士として就職。98年、同病院を退職、翌年から神戸の向陽病院への就職が決まる。99年3月10日、脳腫瘍と告知され、17日に手術。2000年12月20日、再発の告知を受ける。2001年7月25日、永眠。享年27歳

引田悦子[ヒキタエツコ]
1951年、愛知県碧南市生まれ。引田めぐみの母。1971年、引田十士夫と結婚。73年、長女・めぐみ、76年、次女・典子、77年、三女・久美子、80年、四女・みのり、87年、五女・俊恵、88年、六女・のぞみ、93年、長男・祐希の7人を出産。新聞配達やパートで家計を支えながら、娘めぐみの闘病を介護した

青木馨[アオキカオル]
1954年、愛知県碧南市生まれ。同朋大学講師。真宗大谷派蓮成寺住職
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

作業療法士として医療に携わっていた二十五歳の時、著者は突然脳腫瘍を宣告された。「五年生存率六〇パーセント」。患者になって初めてわかった寂しさ、日々の病状、笑いと涙。日々綴った日記や遺書から伝わる前向きさが胸を打つ、二十七歳までのいのちの記録。