住宅白書〈1996年版〉阪神・淡路大震災とすまい

個数:

住宅白書〈1996年版〉阪神・淡路大震災とすまい

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 366p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784810704204
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C0036

内容説明

いのちを守るべき住宅が一瞬に凶器と化す。死者のほとんどはつぶれた家の下敷きとなった。彼らは、日本の貧しい住宅・都市政策の犠牲者でもあった。被災の実態、人びとの苦悩、住宅・生活再建とまちづくりに取り組む姿―日本人すべてに重い問いかけを発した大震災の全体像に迫る初の白書。

目次

第1部 阪神・淡路大震災(住宅はどのように壊れ人びとはどのように死んだのか;震災ののち人びとはどこですごし何をしたのか;住宅をどのように再建するか;街をどのように復興するか)
第2部 住宅政策・住宅事情・住宅運動