ココロの健康シリーズ<br> これだけは知っておきたい双極性障害―躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ!

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ココロの健康シリーズ
これだけは知っておきたい双極性障害―躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ!

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2019年03月23日 01時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798157139
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C2047

内容説明

正しい知識とコツで病気と上手く付き合おう!近年の脳科学研究から発症原因もやさしくご紹介。聞きづらい疑問にズバリ答えるQ&A満載。

目次

1 「躁」と「うつ」の両極端の状態をくり返す病気です
2 本人は「うつ」がつらく、家族は「躁」がつらいのです
3 最初から双極性障害と診断されないことが多いものです
4 原因やきっかけはあるのでしょうか?
5 薬と心理・社会的治療が治療の両輪です
6 病気と上手に付き合うために、患者さん自身が心がけたいこと
7 家族の方へ 周囲が心がけたいこと
巻末情報

著者等紹介

加藤忠史[カトウタダフミ]
理化学研究所脳神経科学研究センター精神疾患動態研究チームチームリーダー(現職)。医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医。1963年、東京生まれ。東京大学医学部卒。滋賀医科大学精神医学講座助手、東京大学医学部附属病院講師を経て現職。国内外において双極性障害の研究を牽引している。非常勤等に、東京大学大学院医学系研究科連携教授、広島大学大学院医歯薬保健学研究院客員教授、藤田保健衛生大学医学部客員教授ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

マライア・キャリーのカミングアウトで注目の「双極性障害」
日本で第一人者の理研 医学博士が優しく病気と最新研究を解説!症状改善に有効な方法を詳しく解説

再発を防いで

自分の人生を取り戻しましょう!



近年の脳科学研究から

発症原因もやさしくご紹介します



【聞きづらい疑問にズバリ答える! Q&A満載!】

●双極?型と診断されましたが、間違いない?

●誤診ではないかと心配。主治医に上手く伝えるには?

●セカンドオピニオンを受けたいけれど、

 主治医が気を悪くしないか心配

●双極性障害になりやすい性格があると聞いたけれど

●本人は受診拒否。内科の検査と偽って受診させても良い?

●本人抜きで医師と話がしたいのですが…

●リチウムを使ってほしいと主治医に上手く伝えるには?

●そもそも双極性障害が発症しないように予防できますか?

●「躁状態が病気」だと、本人に気づいてもらうには?

●病気原因の1つにカルシウムの問題が出てくるが、

 カルシウムの多い食事をすれば良いの?

●リチウムの副作用による手の震えは、なんとかなりませんか?

●良いお医者さんと知り合う方法は?

●うつ病が治る食事ってありますか?

●薬を飲んでいることを周囲に知られたくありません

●病気のつらさを誰にもわかってもらえず、孤独です

●双極性障害に適した仕事はありますか?

●この病気をカミングアウトすべきか悩みます etc.

*本書では、医師には聞きにくい内容から素朴な疑問まで、

 50の患者さんと家族の疑問にお答えしています。



【そのほかの特長】

・4コマ漫画で事例紹介

・お薬も詳しく紹介?種類・副作用・服用のコツetc.

・お薬以外の治療法「ソーシャル・リズム・メトリック」の書き方なども解説

・家族が心がけるポイント?患者さんを支えるコツを伝授!



はじめに

本書を読む前に

PART1 「躁」と「うつ」の両極端の状態をくり返す病気です

PART2 本人は「うつ」がつらく、家族は「躁」がつらいのです

PART3 最初から双極性障害と診断されないことが多いものです

PART4 原因やきっかけはあるのでしょうか?

PART5 薬と心理・社会的治療が治療の両輪です

PART6 病気と上手に付き合うために、患者さん自身が心がけたいこと

PART7 家族の方へ 周囲が心がけたいこと

巻末情報(双極性障害の主な相談窓口、就労支援の制度、公的な経済支援)



はじめに

本書を読む前に

PART1 「躁」と「うつ」の両極端の状態をくり返す病気です

1 双極性障害はどんな病気?

2 双極性障害には2つの種類があります

3 双極性障害は「双極症」に病名がかわります

4 双極性障害はどのような形で始まるのでしょう

5 躁状態ではこんな症状が表れます

6 躁状態では気分が高揚し、万能感に満ちあふれます

7 「軽躁状態」と呼ばれる状態もあります

8 うつ状態ではこんな症状が表れます

9 うつ状態では、嫌な気分が永遠に続く気がします

10 うつ状態は、躁状態より、はるかに長く続きます

11 躁とうつの状態が混じって出現する「混合状態」

12 病気のここが知りたいQ&A

COLUMN1:躁とうつが急速に交代する「急速交代型」034

PART2 本人は「うつ」がつらく、家族は「躁」がつらいのです

1 ケース紹介 双極?型 Aさん(33歳・男性)の場合

2 ケース紹介 双極?型 Bさん(22歳・女性)の場合

3 ケース紹介 双極?型 Cさん(43歳・男性)の場合

4 ケース紹介 双極?型 Dさん(36歳・女性)の場合

5 躁状態では家族が激しいストレスを感じます

6 躁状態の行動で社会的な信用を失うことがあります

7 本人と家族は「うつ」と「躁」の受け止め方が違います

8 「躁」と「うつ」のここが知りたいQ&A

COLUMN2:再発を防いで自分の人生を取り戻しましょう!

PART3 最初から双極性障害と診断されないことが多いものです

1 多くの場合、最初はうつ病と診断されます

2 うつ病が治らない人は、双極性障害かもしれません

3 双極性障害とうつ病とでは治療目標も内容も違います

4 双極?型と診断される人が多いわけ

5 うつ病以外に双極性障害と間違われやすい病気

6 双極性障害と一緒に起こりやすい病気

7 双極性障害を専門に診るのは、精神科です

8 躁状態では、入院設備のある医療機関へ

9 病気を受け入れるまでに葛藤があって当然です

10 受診のこと、ここが知りたいQ&A

COLUMN3:双極スペクトラムって何?

PART4 原因やきっかけはあるのでしょうか?

1 ストレスは病気発症や再発のきっかけの1つです

2 生活リズムの乱れや睡眠不足も大きなきっかけに

3 双極性障害はなぜ起こるのか(1) 脳画像や薬理学の研究からわかってきたこと

4 双極性障害はなぜ起こるのか(2) 血液細胞、遺伝学の研究からわかってきたこと

5 双極性障害の研究最前線 脳では何が起きているのでしょうか

6 受診のこと、ここが知りたいQ&A

PART5 薬と心理・社会的治療が治療の両輪です

1 目標は再発を防いで普通の生活を送ること

2 中心は薬物療法。心理・社会的治療も治療の柱

3 薬物療法は気分安定薬を中心に使っていきます

4 気分安定薬(1) 治療の主役はリチウムです

5 リチウムと上手に付き合うために

6 リチウム服用中に日常生活の中で注意したいこと

7 気分安定薬(2) リチウム以外の気分安定薬

8 気分安定薬と一緒に使う抗精神病薬

9 治療の補助的に使われる薬

10 双極性障害に使われる主な治療薬

11 薬以外の治療法 電気けいれん療法

12 精神療法(1) 対人関係・社会リズム療法

13 精神療法(2) 認知行動療法

14 治療のここが知りたいQ&A

PART6 病気と上手に付き合うために、患者さん自身が心がけたいこと

1 病気を受け入れて、人生を立て直していきましょう

2 病相の時期に応じて心がけたいこと

3 ライフチャートを書いてみましょう

4 生活習慣を見直し、生活リズムを整えましょう

5 ストレス対処法を身につけましょう

6 復職するときの注意点

7 病気のこと、ここが知りたいQ&A

PART7 家族の方へ 周囲が心がけたいこと

1 病気を克服するためには家族の理解が必要です

2 治療を続ける支えになるのが家族です

3 療養が上手くいくよう環境整備を

4 再発の予兆を見逃さないようにしましょう

5 接し方のコツ〔その1〕受診の勧め方

6 接し方のコツ〔その2〕躁状態のとき

7 接し方のコツ〔その3〕うつ状態のとき

8 【まとめ】患者さんの接し方 ○と×

9 「家族の心がけ」ここが知りたいQ&A

COLUMN4:自殺のサインを見逃さないでください

巻末情報

双極性障害の主な相談窓口

就労支援の制度

公的な経済支援



加藤 忠史[カトウ タダフミ]
監修