草思社文庫<br> 外来種は本当に悪者か?―新しい野生 THE NEW WILD

個数:

草思社文庫
外来種は本当に悪者か?―新しい野生 THE NEW WILD

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年09月23日 12時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 389p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784794223999
  • NDC分類 481.7
  • Cコード C0145

内容説明

「手つかずの自然」は想像の産物にすぎない。外来種の活力を活かして自然の再生をめざすべきでは?21世紀の自然保護を考えるための必読書!

目次

第1部 異邦人の帝国(グリーンマウンテンにて;新しい世界;クラゲの海;ようこそアメリカへ;イギリス―イタドリにしばられた国)
第2部 神話とドラゴン(生態学的浄化;よそ者神話;“手つかずの自然”という神話;エデンの園の排外主義)
第3部 ニュー・ワイルド(新しい生態系;都市の荒廃地で自然保護を再起動する;ニュー・ワイルドの呼び声)

著者等紹介

ピアス,フレッド[ピアス,フレッド] [Pearce,Fred]
ジャーナリスト。環境問題や科学、開発をテーマに20年以上、85カ国を取材。1992年から『ニュー・サイエンティスト』誌の環境・開発コンサルタントを務めるほか、『ガーディアン』誌などで執筆、テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍する。2011年には長年の貢献に対しAssociation of British Science Writersから表彰を受けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「この本は、21世紀の環境保護はどうあるべきかという問いに、私なりに答えを探す旅でもあった。
自然を樹脂で固めて保存することはできないし、ましてや過去の自然をふたたび創造することも無理な話だ。
どちらも地球を巨大な動物園にするようなもので、不可能であるばかりか自然に対する冒?でもある。
想像の産物に過ぎない『手つかずの自然』を守ろうとしても負け戦に終わる。
むしろ、外来種の活力と『侵略本能』を活かして自然の再生をめざすべきだろう」
(「はじめに」より)

外来種は駆除すべきだという人間の勝手な生命観に警鐘を鳴らし、
今後の環境保護の指針となる必読書。