寺子屋ブックス<br> トランスジェンダーの仲間たち

電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

寺子屋ブックス
トランスジェンダーの仲間たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787231697
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0336

出版社内容情報

10年ぶりに訪れたサンフランシスコは、性別再指定手術を受けた街であり、性的少数派がつどう街でもある。あるべき性で生きる喜びをかみしめながら支えあい、差別犯罪と闘うトランスジェンダーたちとのにぎやかな交流をつづる10日間の手記。

用語解説
まえがき

1 一九九九年八月二日(月)はれ
2 八月三日(火)はれ
3 八月四日(水)はれ
4 八月五日(木)くもり
5 八月六日(金)くもり
6 八月七日(土)はれのちくもり
7 八月八日(日)くもり

その後の話――あとがきにかえて

内容説明

「生まれもった自分の身体は間違っている」という苦悩や、社会のなかで他人の好奇の目と闘わざるをえない状況―。それを救うために性同一性障害が医療の対象として認められたのは、日本ではつい最近のことだ。著者が女体から男体への性別再指定手術を受けて以来、第二の故郷となったサンフランシスコ。そこではトランスジェンダーたちが、自分のあるべき性で生きる喜びをかみしめつつ、支えあい、ヘイト・クライム(差別犯罪)と闘っている。本書は、同人誌「FTM日本」をはじめとする多くの文筆活動や講演活動が認められ、FTM(FEMALE TO MALE)全米会議で功労賞を受賞した著者のサンフランシスコ交友録である。性的少数派のプライドを示すシンボル、虹色の旗がはためく街が生き生きと描かれる。

目次

1999年8月2日(月)はれ
8月3日(火)はれ
8月4日(水)はれ
8月5日(木)くもり
8月6日(金)くもり
8月7日(土)はれのちくもり
8月8日(日)くもり

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ざまたかこ

0
虎井さんってとても素敵な人なんだろうな。人柄が伝わってくる文章で、するすると読んでしまいました。ことさらにいろいろ言わなくても、当たり前に一緒に暮らせばいいんだよね。2016/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1301410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。