弁護士の役割と倫理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 453p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785711467
  • NDC分類 327.14
  • Cコード C3032

目次

王道なきや:弁護士倫理を学ぶための捷径
基本的視点:弁護士倫理の基本的視点
哲学思想:倫理の基層をなす西洋哲学
社会的役割に分化した倫理
法化社会の弁護士:法化社会に向けた弁護士の役割
裁判上の言説:法廷における弁護士の言説倫理
裁判の正当性:裁判の説得力とその受容
真実義務:真実をまげないようにする義務
受任上の倫理:依頼者に対する事件受任上の倫理
守秘義務:依頼者の秘密を守る義務
利害相反:利害相反事件の回避義務
弁護士報酬:新しい時代の報酬のあり方
フェアネス義務:相手方代理人の関係倫理
刑事弁護:刑事弁護人の使命と倫理
職務容量と役割の拡大:弁護士の職務空間の拡大
懲戒手続:弁護士の懲戒制度

著者等紹介

田中紘三[タナカコウゾウ]
昭和15年北海道音更町生まれ。中央大学法学部卒。昭和41年司法修習終了(18期)、同年弁護士登録。日弁連綱紀委員会委員長、日弁連弁護士倫理委員会委員。東京弁護士会懲戒委員会委員、東京弁護士会綱紀委員会委員。平成16年4月中央大学法科大学院特任教授(法曹倫理)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。