詩の森文庫<br> 詩を考える―言葉が生まれる現場

個数:
  • ポイントキャンペーン

詩の森文庫
詩を考える―言葉が生まれる現場

  • 谷川 俊太郎【著】
  • 価格 ¥1,078(本体¥980)
  • 思潮社(2006/06発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年05月25日 23時30分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784783717096
  • NDC分類 901.1
  • Cコード C1295

内容説明

現代詩の最先端に立つ詩人の詩論のエッセンス。誰にでもわかる明快な言葉で詩と世界との関わりと、詩のありかを解読してみせる最高の入門書。『詩を書く』につづく三部作白眉の一冊。

目次

1 エスキス(ベートーヴェンによって音楽を知る―手帖1;日本語に殉じる覚悟―手帖2 ほか)
2 クリティック(世界へ!―an agitation;詩へのめざめ ほか)
3 エッセー(詩劇の方へ―a memorandum;詩劇へのアジテーション ほか)
ゲストエッセイ(「詩人」と歌人(岡井隆)
谷川俊太郎論(抄)(寺山修司) ほか)

著者等紹介

谷川俊太郎[タニカワシュンタロウ]
1931年東京生まれ。52年処女詩集『二十億光年の孤独』刊行。のびやかで自由な感性でジャンルを跳び越え、現在まで数多くの作品を発表。言葉の最先端で活動をつづける。53年より「櫂」同人。海外でも多くの翻訳が刊行され親しまれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。