統合失調症がやってきた

個数:
電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

統合失調症がやってきた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年01月22日 02時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784781608990
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0095

内容説明

人気絶頂の最中、突如姿を消した一人の芸人―。統合失調症という病に襲われたハウス加賀谷の半生と、「松本ハウス」復活までの軌跡が、相方・松本キックの視点を交えて、いま明かされる。

目次

序章 あの時のこと―松本キックから見て
1章 統合失調症の発症(良い子の石の仮面;真っ黒い塾ノート ほか)
2章 松本ハウスという居場所(コンビが誕生するまで―松本キックの立場から;爆笑、ときに偏見 ほか)
3章 入院生活(初めての閉鎖病棟;注射と読書の日々 ほか)
4章 復活に向かって(解き放たれていく感情;アルバイト物語―漫才ふうのインタビュー形式で ほか)
あとがき―ハウス加賀谷より感謝を込めて

著者紹介

ハウス加賀谷[ハウスカガヤ]
1974年2月26日、東京都中野区出身。1991年からお笑いコンビ「松本ハウス」として活動。バラエティー番組でレギュラー出演し、一躍人気者になるも、1999年に突然活動休止。10年の時を経て、2009年にコンビ復活

松本キック[マツモトキック]
1969年3月8日、三重県伊賀市出身。1991年からお笑いコンビ「松本ハウス」として活動。バラエティー番組でレギュラー出演し、一躍人気者になるも、1999年に突然活動休止。10年の時を経て、2009年にコンビ復活(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件