スポーツ哲学の入門―スポーツの本質と倫理的諸問題

個数:
  • ポイントキャンペーン

スポーツ哲学の入門―スポーツの本質と倫理的諸問題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月16日 10時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779505713
  • NDC分類 780.1
  • Cコード C0010

内容説明

スポーツの本質は何か。卓越性追求における「共同の努力=コン‐ペティティオ」と捉え、対戦相手のリスペクトを重視し、勝利至上主義を批判する。

目次

何かがスポーツとなるのはどんな時か、なぜそんなことを考慮すべきなのか
なぜスポーツなのか、スポーツは社会でどのような役割を果たすべきなのか
競争は善いことなのか、悪いことなのか
組織スポーツ―少年時代に不可欠か
スポーツにおける倫理的問題について、競技者は何を言うべきか
スポーツにおける倫理的問題について、指導者は何を言うべきか
「不正行為」はどの時点で生まれるのか、よいスポーツパーソンになるために何が必要なのか
ドーピングすべきか否か
スポーツにおける暴力―試合の一部にすぎないのか
女子と男子はいっしょにプレイすべきか
指導者と選手の関係―接近はどこまで許されるのか
スポーツは「芸術」たりうるか

著者等紹介

川谷茂樹[カワタニシゲキ]
1968年福岡県に生まれる。1991年京都大学文学部卒業。2004年九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。文学博士。(専攻/哲学・哲学史)現在、北海学園大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。