プロのグラフ仕事―伝えるためのExcelエッセンス

個数:

プロのグラフ仕事―伝えるためのExcelエッセンス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月20日 09時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774182131
  • NDC分類 007.63
  • Cコード C0034

内容説明

企画書や提案書、スライド資料に載せるために、もし、仕事でグラフをつくることになったとしたら―。コツさえわかれば、自分の意見を補強するグラフ、難しいことをわかりやすく伝えるグラフ、図解のためのグラフは驚くほどスムーズにつくれます!

目次

Prologue 経済評論家の私がグラフを大切にする理由
1 仮説とグラフの関係
2 グラフのソースになるデータをどこで収集・抽出するか
3 データ加工、グラフづくり、仕上げのチューニング
4 私のグラフ仕事―ピタッとはまるグラフづくりの手がかり・14選
Epilogue 私のグラフ・リユース術

著者紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業、NEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立、三橋貴明診断士事務所(現:経世論研究所)を設立。2007年、インターネット上の公表データから韓国経済の実態を分析し、内容をまとめた『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)がベストセラーとなる。その後も意欲的に新著を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

専門家でない人にも、難しいことをわかりやすく伝えられるエコノミストとして人気の三橋貴明氏。三橋氏の経済評論活動を支えているのが「グラフ」です。オープンなデータとExcelを駆使してグラフを作成、立てた仮説を堀り下げたり、主張の裏付け資料にしたりと、その仕事のそばには必ずグラフがあります。とはいえ、難しいことはありません。ネットとExcel、ほんの少しの「慣れ」があれば誰にでもできることなのです。三橋貴明氏が培ってきたグラフづくりの技術を、企画書やプレゼンスライドなどの資料作成に活かしていただくための本です。