職業は建築家―君たちが知っておくべきこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 182p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784760126231
  • NDC分類 520.4
  • Cコード C0052

出版社内容情報

「ブックガイド100冊」「図解 1960年以降の系譜とムーブメント」付。

内容説明

建築家という人生を選択したい君たちへ、美しい建物の写真とともに届けられた、プロフェッショナルからのメッセージ。

目次

安藤忠雄―自分の責任において、決定を下し、行動すること。
青木淳―建築家としての仕事は「不可能の見極め」である。
坂茂―若手建築家が実績をつくるには、外国よりも東京。
原広司―素材が、建築の新たな可能性を開くでしょう。
長谷川逸子―社会も伝統も自然も、あらゆるものを内に含んだ総合芸術にしたい。
磯崎新―建物の中に入って感じて欲しいのです。
伊東豊雄―デザインは、一瞬にしてできあがるということを学んだ。
隈研吾―まるで自然の中にいるような、それが私にとって理想の建築です。
黒川紀章―文化は固有のものです。日本文化は完璧な共生文化なのです。
槇文彦―あらゆる種類の空間を創造するのが、仕事なのです。
内藤広―建築の創造は、社会への参加である。
妹島和世+西沢立衛/SANAA―建物が立ち上がったのを見るのが、すごく好きです。
丹下健三・丹下憲孝―設計が始まったら、集中力を保ち、絶え間なく考え続けるように。
ブックガイド 建築かと建築学がわかる100冊―五十嵐太郎+村瀬良太
図解 1960年以降の建築家の系譜とムーブメント―五十嵐太郎

著者等紹介

ハーゲンバーグ,ローランド[ハーゲンバーグ,ローランド][Hagenberg,Roland]
ウィーンで育ち、1980年代はベルリンやニューヨークで活動する。アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキア、ロバート・メイプルソープら、当時の人気アーティストを題材に書籍化。1995年より日本にて活動。ライターや写真家として、“VOGUE”や“Architectural Digest”に寄稿。映画「sur|FACE14人の現代建築家たち」を制作・監督。新作「Landlocked」では、制作・監督のほか、サウンドトラック「Galaxy」も手掛ける
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ja^2

1
設計事務所に勤めているが、建築については門前の小僧程度の知識しかない。だが、それなりの立場にあるので、プロジェクトの責任者だったりする。当然、建築士とチームを組んで仕事をすることが常だ。▼なので、たまにこの手の本を読んで、彼らのメンタリティを理解しようとしている。彼らが面白いのは、種々雑多な問題をごちゃ混ぜに議論して(ときとしてガールズトークさながらに)、最後に一発回答として一つのかたちを導き出すところだ。一つひとつ解決して、積み上げることはしないのだ。▼さて、この本の中では丹下健三の話が興味深かった。2017/02/05

MR直毛

0
ゼネコンなんかに行くんじゃなくて、アトリエに行き将来独立してみたいと思いよんでみた。 全然参考にならなかったw 「白黒写真がカラー写真に比べて優れているのは、その場の空気、エネルギー、力を伝えることにおいてである。」という指摘は興味深かった。2015/01/29

鯖身

0
日本語と英語両方かいてある あと巻末図解の建築家の系譜で野武士枠に吹いた

Yu Yamaji

0
★★★ 14の建築家のQ&A 浅く広く2018/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/235208
  • ご注意事項