マンガで学ぶ生命倫理―わたしたちに課せられた「いのち」の宿題

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり

マンガで学ぶ生命倫理―わたしたちに課せられた「いのち」の宿題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月25日 14時06分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 145p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759815429
  • NDC分類 490.15

内容説明

iPS細胞、脳死、クローン人間、がん告知、出生前診断…ひとりの女子高生の体験を通して感じ、知り、考える、新しいかたちの入門書。

目次

1章 生殖医療「姉の三人目の子ども」―生殖補助医療はどこまで使ってよいのか?
2章 がん告知とインフォームド・コンセント「祖父のお見舞い」―患者に本当のことを伝えるべきか、嘘をつくべきか?
3章 中絶と胎児の権利「同級生の妊娠」―中絶は「殺人」なのか?
4章 能力・肉体の改造(エンハンスメント)「試験勉強中の誘惑」―薬を用いて能力を高めることは許されるか?
5章 終末期医療と安楽死「父の葛藤」―安楽死は許されるのか?
6章 生体臓器移植「優介の告白」―家族に負担をかける生体臓器移植は正しいのか?
7章 クローン技術「ペットは二代目」―「クローン人間」をつくることは許されるか?
8章 ES細胞とiPS細胞「ケヴィンの弟」―幹細胞研究は人間の未来をどう変えるか?
9章 寿命と永遠の命「加奈美の不安と願い」―永遠に生きられるのは望ましいことか?
10章 脳死と臓器移植「あいつが来ない日」―脳死は人の死なのか?

著者紹介

児玉聡[コダマサトシ]
1974年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。東京大学大学院医学系研究科専任講師を経て、京都大学大学院文学研究科准教授。専門は、倫理学、生命倫理学、政治哲学

なつたか[ナツタカ]
京都精華大学マンガ学科卒業。関西圏を中心に実用書やパンフレットのマンガを描いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

1.生殖医療-姉の三人目の子ども
2.がん告知とインフォームド・コンセント-祖父のお見舞い
3.中絶と胎児の権利-同級生の妊娠
4.能力・肉体の改造(エンハンスメント)-試験勉強中の誘惑
5.終末期医療と安楽死-父の葛藤
6.生体臓器移植-優介の告白
7.クローン技術-ペットは二代目
8.ES細胞とiPS細胞-ケヴィンの弟
9.寿命と永遠の命-加奈美の不安と願い
10.脳死と臓器移植-あいつが来ない日