少年犯罪と少年法

  • ポイントキャンペーン

少年犯罪と少年法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750309460
  • NDC分類 327.8
  • Cコード C0032

出版社内容情報

厳罰と寛容,応報と教育。神戸の事件以降の少年法「改正」の大合唱が見落としたものとはなにか!? 複雑な保護手続きの実際を簡明に解説,制裁と教育という二面性を併せ持つ少年法の本質を明らかにする。

1 少年事件の体験から―弁護士に聞く
 1 立ち直りは人との出会いのなかで[山田万理子]
 2 子どもにとっての「責任」とは何か[岩佐嘉彦]
 3 少年に応じたきめこまやかな対応を[伊藤芳朗]
 4 手続の全過程を教育の場に[黒岩哲彦]
 5 警察の捜査に少年法の精神を[村山裕]
 6 家庭裁判所裁判官に望むもの[三井明]
2 犯罪少年はどう扱われるのか―少年保護手続の流れ[後藤弘子]
 1 子どもとおとな
 2 少年法の基本的な考え方
 3 非行少年とは
 4 犯罪少年の手続の流れ
 5 子どもを子どもとしてみる―司法と教育のはざまで
3 少年法を考える
  ◎浅川道雄/◎木下淳博/◎後藤弘子/
  ◎横川和夫
少年法を理解するためのブックガイド
少年非行にかんする全国の無料相談機関
【資料】少年法/少年警察活動要綱(抄)

内容説明

厳罰か寛容か!応報か教育か!少年法「改正」の大合唱が見落としたもの。

目次

1 少年事件の体験から―弁護士に聞く(立ち直りは人との出会いのなかで;子どもにとっての「責任」とは何か;少年に応じたきめこまやかな対応を ほか)
2 犯罪少年はどう扱われるのか―少年保護手続の流れ(子どもとおとな;少年法の基本的な考え方;非行少年とは ほか)
3 少年法を考える

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

抹茶ケーキ

0
少年法について解説した本。実際の運用についての話が多い。処遇の流れとかが図示されているのでわかりやすい。2015/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/599012

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。