京都大学経済学叢書<br> イギリス航空機産業と「帝国の終焉」―軍事産業基盤と英米生産提携

個数:

京都大学経済学叢書
イギリス航空機産業と「帝国の終焉」―軍事産業基盤と英米生産提携

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641163614
  • NDC分類 538.09
  • Cコード C3033

目次

帝国の終焉とイギリスの「衰退」
第1部 帝国再建期のイギリス航空機産業(1943‐1956年)(戦後イギリス航空機産業と帝国再建(1943‐1956年)
アメリカ航空機産業のジェット化をめぐる米英機体・エンジン部門間生産提携の形成(1950‐1960年))
第2部 スエズ危機後における帝国再編策とイギリス航空機産業(1957‐1965年)(スエズ危機後におけるイギリス航空機産業合理化(1957‐1960年)
BOAC経営危機とフライ・ブリティッシュ政策の終焉(1963‐1966年)
イギリス主力軍用機開発中止をめぐる米英機体・エンジン間生産提携の形成(1965‐1966年))
第3部 帝国からの撤退期における国際共同開発先のアメリカかヨーロッパかの選択(1966‐1971年)(帝国からの撤退期におけるイギリス軍用機国際共同開発の特質―ブルーデン委員会を中心に(1965‐1969年)
ワイドボディ旅客機開発をめぐる米英航空機生産提携の展開(1967‐1969年)
ロウルズ‐スイス社・ロッキード社救済をめぐる米英関係(1970‐1971年))
イギリスの「新しい役割」
補論 核不拡散レジームと軍事産業基盤―1966年NATO危機をめぐる米英独核・軍事費交渉(1966年3月~1967年4月)

著者等紹介

坂出健[サカデタケシ]
1969年千葉県市川市生まれ。1992年京都大学経済学部卒業。1994年京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。1995年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程中退。1995年富山大学経済学部助手。1997年富山大学経済学部講師。1998年京都大学大学院経済学研究科助教授。現在、京都大学大学院経済学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。