組織と経営について知るための実践フィールドワーク入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 376p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641161689
  • NDC分類 335
  • Cコード C1034

内容説明

企業論理の光と影、官僚制組織の功罪、企業文化の落とし穴、「ジェンダー・トラップ」…企業のさまざまな側面について深く知るための入門書。14のキーワード、16のブックガイド、20の研究事例(ケース)を通じて学ぶ、仕事と職場の民族誌。

目次

「現場」を知り、「現場」を変える
第1部 フィールドワークという方法―フィールドワークとは何か?(密着取材・体験取材としてのフィールドワーク;観察研究としてのフィールドワーク;聞きとり調査としてのフィールドワーク)
第2部 フィールドワークの発想―なぜ、フィールドワークか?(定性的調査法の発想;漸次構造化法の発想)
第3部 フィールドワークの技法―どのようにフィールドワークすべきか?(文献調査(ライブラリーワーク)
アクセスと役割関係のマネジメント
フィールドノートをつける
聞きとりをする
報告書(民族誌)を書く)

著者等紹介

佐藤郁哉[サトウイクヤ]
一橋大学大学院商学研究科教授。1955年宮城県に生まれる。1977年東京大学文学部心理学科卒業。1984年東北大学大学院博士課程中退(心理学専攻)。1986年シカゴ大学大学院修了(Ph.D.)(社会学専攻)。専攻、社会調査論、組織論、文化社会学。主著、Kamikaze Biker,University of Chicago Press,1991.(Choice、1993年優秀学術図書)。『現代演劇のフィールドワーク―芸術生産の文化社会学』東京大学出版会、1999年。(AICT賞、第43回日経・経済図書文化賞受賞)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

企業倫理,官僚制組織,ジェンダーなど組織がもつ多様な側面について深く知り,変えていくための フィールドワーク。「キーワード」で専門知識への入り口を,「ブックガイド」で経路を,「ケース」で目標地 点としての研究実践事例を示して解説する新しいスタイルの入門書。

序 章 「現場」を知り,「現場」を変える
第1部 フィールドワークという方法――フィールドワークとは何か?
 第1章 密着取材・体験取材としてのフィールドワーク
 第2章 観察研究としてのフィールドワーク
 第3章 聞きとり調査としてのフィールドワーク
第2部 フィールドワークの発想――なぜ,フィールドワークか?
 第4章 フィールドワークの発想
 第5章 漸次構造化法の発想
第3部 フィールドワークの技法――どのようにフィールドワークすべきか?
 第6章 文献調査(ライブラリー・ワーク)
 第7章 アクセスと役割関係のマネジメント
 第8章 フィールドノートをつける
 第9章 聞きとりをする
 第10章 報告書(民族誌)を書く
付 録
 1 書誌情報と引用箇所
 2 講義シラバス参考例