MINERVA西洋史ライブラリー<br> 記憶と忘却のドイツ宗教改革―語りなおす歴史 1517‐2017

個数:

MINERVA西洋史ライブラリー
記憶と忘却のドイツ宗教改革―語りなおす歴史 1517‐2017

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 330p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623081332
  • NDC分類 234.05
  • Cコード C3322

内容説明

宗教改革史の研究は、歴史的事実の「記憶」と「忘却」の選択をめぐって、「宗教」にたいする相異なる―そして時には相容れない―さまざまな立場からなされた言説間の緊張関係のなかで営まれてきた。本書は、ドイツ宗教改革五〇〇周年を記念し、これまで語り継がれてきたこと、抹消されてきたこと、そして記憶の回復の対象となるべきことを総点検し、多彩な視点から宗教改革史を語りなおす試みである。

目次

記憶と忘却の五〇〇年
第1部 語りなおす宗教改革(マルティン・ルターの宗教改革―実像と虚像;カトリック世界としての一六世紀ドイツ―信仰と行い;三つのプロテスタント―ルター派・西南ドイツ派・スイス改革派;宗教改革の磁場―都市と農村;宗教改革はイタリアに伝わったか―ルターとアルプス以南の世界;カルヴァン以前のフランス宗教改革)
第2部 変化するキリスト教世界(一六一七年のドイツ―宗教改革から一〇〇年;対抗宗教改革―イエズス会劇が映すもの;魔女迫害と「神罰」―プロテスタントとカトリック;神聖ローマ帝国の多宗派化と三十年戦争―「神の帝国」と共存の政治学;フッガー家の人びと―二宗派併存年に生きて;宗教改革急進派―記憶の回復と二一世紀の和解)
附論 日本のドイツ宗教改革史研究―過去・現在・未来

著者等紹介

踊共二[オドリトモジ]
1960年生まれ。1991年早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。武蔵大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。