現代の社会学―グローバル化のなかで

個数:

現代の社会学―グローバル化のなかで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月20日 10時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 334,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623062195
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

19世紀の西欧に起源をもつ社会学は、現代のグローバル化にともなう「新しい時代」に直面している。扱うテーマも、社会構造や社会システムといった「社会的なもの」から「文化的なもの」へと広がりを見せている。本書は、このような現代における変化をふまえ、新たな問題提起とともに、社会学をめぐる諸概念、キーテーマを解説するテキスト。マイク・フェザーストーン博士による特別講義収録。

目次

社会学とは何か
第1部 社会学の基本的分析単位―行為から構造へ(行為とパーソナリティ形成;行為・相互行為・社会関係;地位-役割;集団・組織;全体社会とグローバル・システム)
第2部 社会関係の生成と変容―社会的なもの(the social)の形成(コミュニケーション;社会化と逸脱;権力と支配;社会的コンフリクト;行為者とネットワーク)
第3部 象徴的世界の展開―文化的なもの(the cultural)の形成(記号とメディア;科学・技術;芸術;価値と規範;宗教)
第4部 グローバル化の諸次元と社会学(グローバル・メディアと大衆文化製品;グローバル経済と格差;グローバル・レベルの人権と社会的公正;グローバル化とリスク社会;グローバル化とナショナリズム;グローバル化とマイノリティ問題)

著者紹介

丸山哲央[マルヤマテツオ]
神戸市生まれ。大阪大学文学部卒業、同大学院修士課程修了。現在、博士(人間科学/大阪大学)。日本学術会議連携会員。名城大学大学院特任教授。慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所研究員。佛教大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)