つくってみよう!発酵食品―食べものが大へんしん!発酵のひみつ

個数:

つくってみよう!発酵食品―食べものが大へんしん!発酵のひみつ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月20日 06時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784593587537
  • NDC分類 K588
  • Cコード C8677

内容説明

発酵食品とは、目に見えない小さな生きもの「微生物」のはたらきによってできる食べもののことです。食べものが発酵すると「長もちする」「栄養価が上がる」「おいしくなる」など、よいことがたくさんあります。この本では、発酵食品のなりたちを、たくさんのイラストと写真でわかりやすくつたえるとともに、家や学校などでも楽しめる発酵食品のつくりかたも紹介しています。

目次

発酵食品をつくる微生物
発酵食品って、こんなにたくさん
牛乳がヨーグルトに大へんしん
ヨーグルトのひみつは乳酸菌
つくってみよう!ヨーグルト
どこがちがうの?ヨーグルト、チーズ、クリーム、バター
つくってみよう!発酵バター
やさいがつけものに大へんしん
発酵つけもののパワー
つくってみよう!ぬかづけ
つくってみよう!ピクルス
小麦粉がパンに大へんしん
平やきパンからふっくらパンへ
つくってみよう!どうぶつパン
こうじのパワー
つくってみよう!塩こうじ
お米があま酒に大へんしん
つくってみよう!あま酒
ほかにもたくさん!発酵食品
ゆたかな食文化をつくる発酵食品

著者等紹介

小泉武夫[コイズミタケオ]
東京農業大学名誉教授。農学博士。専門は、醸造学、発酵学、食文化論。発酵と食文化についての深い見識をもち、研究のかたわら、執筆、講演、テレビ・ラジオ出演など多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ヨーグルト、チーズ、甘酒、パン、納豆、みそ、しょうゆ…これらの食べものは実は共通点があります。それは目に見えない微生物の力でできた、「発酵食品」だということ。1巻では、元の食品の性質を大きくかえる発酵食品を実際につくってみることで、ふしぎな発酵についての理解を深めます。図書館向け。