叢書・ウニベルシタス<br> 鷲と蛇―シンボルとしての動物

叢書・ウニベルシタス
鷲と蛇―シンボルとしての動物

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588005312
  • NDC分類 701
  • Cコード C1371

出版社内容情報

鷲と蛇を中心に,動物シンボルの背後に存在する広大な意味の世界=太陽と月,男と女,光と闇,生と死,善と悪など,人間の二元論的世界観とその止揚が述べられる。

目次

第1章 初源と創造
第2章 鷲と蛇の太古からの闘い
第3章 宇宙の諸力を代理する爬虫類と鳥類
第4章 人間と動物との関係
第5章 魂の動物と守護霊
第6章 支配者のシンボルと紋章動物
第7章 神々の鳥
第8章 復活と昇天のシンボル
第9章 龍と怪物
第10章 蛇と死と悪魔
第11章 恩寵と救済のシンボル
第12章 対立の一致

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よく読む

2
多くの神話で鷲や蛇は象徴的な使われ方をしている。神話の引用がとても多くて大事なところを見逃してしまった。2017/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/189673

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。