叢書・ウニベルシタス<br> 人間にはいくつの真理が必要か―疎外論から他者論へ

個数:

叢書・ウニベルシタス
人間にはいくつの真理が必要か―疎外論から他者論へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588003943
  • NDC分類 104
  • Cコード C1310

出版社内容情報

ルソー,クライスト,ニーチェが挑んだ真理探究の冒険,形而上学者による真理の世界発見の試み,カフカにおける書くことと実生活の真理,等々卓抜な哲学的省察録。

内容説明

ルソー、クライスト、ニーチェが挑んだ真理探求の冒険、ソクラテス、アウグスチヌスに始まる形而上学の真の世界発見の試み、カフカにおける書くことの真理と実生活の真理…。「真理」が空位と化した現代と現代人への卓抜な哲学的省察。

目次

絵の中に消える
自我の真理と残余の世界、3たびの対決(ルソー;クライスト;ニーチェ)
世界を捨てた真理
形而上学あるいは帰郷の試み
カフカあるいは異郷にとどまる術
自由についての自由変奏曲

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

さえきかずひこ

6
タイトルが仰々しいが、中身は哲学エッセイであり、読みやすい。デカルト、カント、カントに対抗するドイツ観念論(シェリング、フィヒテ、ヘーゲル)、ニーチェ、ナチズム、カフカなどが適宜招じられ語られてゆく。実存主義的、ロマン主義的、理想主義的な各位は大いに読まれたし。最終章も刺激的です!!2017/05/06

ががほむ

0
「真理は、人間にとって消化可能なものであり続けるために、つまり生命維持に役立つものであり続けるためには、イロニーと結びつかなければならない」ある章の締めくくりにフランスキーはこのように書いている。古代形而上学から近代形而上学への真理という概念の移り変わりは真理について考えるものをあまりにも無世界的内面性洞窟へと誘導し、現実的な個体を崩壊せしめた。続く2013/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1860994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。