叢書・ウニベルシタス<br> ベルリンからエルサレムへ―青春の思い出

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
ベルリンからエルサレムへ―青春の思い出

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 202,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588003431
  • NDC分類 199
  • Cコード C1310

出版社内容情報

家系と幼年時代,両親兄弟との生活,シオニズム運動の動向,暗雲のベルリン風景,畏友ベンヤミンらドイツユダヤ知識人との交流等を率直かつアイロニカルに描く。

内容説明

家系と幼年時代、両親や兄弟との生活、シオニズム運動の動向、暗雲立ち込めるベルリン風景、畏友ベンヤミンを始めドイツ・ユダヤ知識人たちとの交流…。〈確固たる信念の道しるべに照らされた〉道程を率直かつアイロニカルに描き出したユダヤ学研究の第一人者ショーレムの青春回想録(1897‐1925年)。

目次

家系と幼年時代
ユダヤ人の環境
ユダヤ人の目覚め
ベルリン大学生
パンシオーン・シュトルック
イェーナ
ベルン
ミュンヒェン
もう一度ベルリンとフランクフルト
エルサレム

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

6
イスラエル主義を掲げ領土拡大を目指すベギンらクリードが政権掌握した1977年、80歳の著者は1920年代のシオニズム運動の熱狂を回顧しつつ、イスラエルの現状に「聖約」(宗教心)の崩壊を見る。ナチスのユダヤ人虐殺によって副次的な課題とされた国家建設の理念が前景化する以前、ユダヤ人が自らの精神文化的な拠り所を問うことがシオニズムの課題だった。M・ブーバーが支持されるこの時期、著者は、ユダヤ人の「連続と変革の弁証法」という世俗生活でのテーマの中に、すでに政治的原理主義の契機が潜んでいたのではないか、と自問する。2021/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1365204

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。