会社はだれのものか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582832709
  • NDC分類 335.21
  • Cコード C0033

内容説明

おカネよりも人間。個人よりもチーム。会社の未来は、ここにある。

目次

第1部 会社はだれのものか(ライブドアとフジテレビ;会社とは何か;会社の二階建て構造;コーポレート・ガバナンスとは何か;会社経営者の義務 ほか)
第2部(新・日本型経営が見えてきた―小林陽太郎氏との対話;次世代産業は日本がリードする―原丈人氏との対話;会社は、驚きに満ちている―糸井重里氏との対話)

著者等紹介

岩井克人[イワイカツヒト]
1947年生まれ。専門は経済理論。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学Ph.D.。イェール大学助教授、東京大学助教授、プリンストン大学客員準教授、ペンシルベニア大学客員教授などを経て、89年より東京大学経済学部教授。2001年より2004年まで同学部学部長を務める。“Disequilibrium Dynamics”にて日経・経済図書文化賞特賞、『貨幣論』にてサントリー学芸賞、『会社はこれからどうなるのか』にて小林秀雄賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロングセラー『会社はこれからどうなるのか』の待望の続編。もっとも分かりやすい会社論の一つとして好評だった前作のテーマをさらに広げ、「会社」という組織の本質に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件