PHP新書<br> パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり

PHP新書
パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年12月02日 05時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 298p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569635255
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0211

出版社内容情報

現代人の多くが抱えているパーソナリティ障害の諸問題と解決策を、精神医学の観点から詳細に解説。豊富な具体例がとても参考になる。

パーソナリティ障害(人格障害)とは、偏った考え方や行動パターンのために、家庭や社会生活に支障をきたした状態のこと。愛を貪る、賞賛だけがほしい、主人公を演じる、悪を生き甲斐にする、傷つきを恐れる……現代人が抱える生きづらさの背景には、ある共通の原因があるのだ。アメリカ人の10%がパーソナリティ障害であるという統計もある。

▼本書は、境界性、自己愛性、演技性、反社会性、回避性など、パーソナリティ障害の10タイプそれぞれについて、(1)特徴と背景、(2)接し方のコツ、(3)克服のポイントを、具体的にわかりやすく解説してくれる。パーソナリティ障害全般に関する日本ではじめての入門解説書である。

▼巻末に付録として「パーソナリティ自己診断シート」がついている。人間関係で悩んでいる人は、このシートを利用することによって、人間関係回復のたしかな手がかりを得ることができるだろう。

[第Ⅰ部]パーソナリティ障害の本質 
●第一章 パーソナリティ障害とは何か 
●第二章 パーソナリティ障害はなぜ生まれるのか 
[第Ⅱ部]パーソナリティ障害のタイプと対処 
●第三章 愛を貪る人々――境界性パーソナリティ障害 
●第四章 賞賛だけがほしい人々――自己愛性パーソナリティ障害 
●第五章 主人公を演じる人々――演技性パーソナリティ障害 
●第六章 悪を生き甲斐にする人々――反社会性パーソナリティ障害 
●第七章 信じられない人々――妄想性パーソナリティ障害 
●第八章 頭の中で生きている人々――失調型パーソナリティ障害 
●第九章 親密な関係を求めない人々――シゾイドパーソナリティ障害 
●第十章 傷つきを恐れる人々――回避性パーソナリティ障害 
●第十一章 一人では生きていけない人々――依存性パーソナリティ障害 
●第十二章 義務感の強すぎる人々――強迫性パーソナリティ障害

内容説明

パーソナリティ障害とは、偏った考え方や行動パターンのために、家庭や社会生活に支障をきたしている状態のこと。愛を貪る、賞賛だけがほしい、主人公を演じる、悪を生き甲斐にする、傷つきを恐れる…現代人が抱える生きづらさの背景には、ある共通の原因があるのだ。本書は、境界性、自己愛性、演技性、反社会性、回避性など、パーソナリティ障害の10タイプそれぞれについて、克服や援助の際にポイントとなる点を具体的に記す。精神医学的な観点から書かれた生き方術の本。

目次

第1部 パーソナリティ障害の本質(パーソナリティ障害とは何か;パーソナリティ障害はなぜ生まれるのか)
第2部 パーソナリティ障害のタイプと対処(愛を貪る人々―境界性パーソナリティ障害;賞賛だけがほしい人々―自己愛性パーソナリティ障害;主人公を演じる人々―演技性パーソナリティ障害;悪を生き甲斐にする人々―反社会性パーソナリティ障害 ほか)

著者等紹介

岡田尊司[オカダタカシ]
1960年、香川県生まれ。精神科医。医学博士。東京大学哲学科中退。京都大学医学部卒。同大学院高次脳科学講座神経生物学教室、脳病態生理学講座精神医学教室にて研究に従事。現在、京都医療少年院勤務。パーソナリティ障害治療の最前線に立つ臨床家の一人である。著書に『人格障害の時代』(平凡社新書)。また、心のエクササイズのため、小笠原慧のペンネームで小説を執筆。第20回横溝正史賞を受賞した『DZ』、『手のひらの蝶』(ともに角川書店)などの作品がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロミ

38
あまりにもパーソナリティ障害の人と出くわす機会が多いので「自分にも障害とは言わないまでもその傾向があるのかもしれない」と思い読んでみた。岡田尊司さんの本が好きなためかおもしろく読めた。語り口も平易でいい。おもしろいとは不謹慎かもしれないが、人間とは千差万別な生き物だと改めてその個性について考えさせられた。私には境界性の傾向があることは確かだと思うが何とか折り合いをつけて弱くとも生きて行きたい。しかしこの10年でパーソナリティ障害の研究は進んだと思う。少しでも苦しむ人達が救われる世の中になればいいな。2015/08/07

Tadashi_N

28
パーソナリティ障害は、思ったより範囲が広い。自分自身との付き合い方のヒントになるかも?2020/05/25

ユズル

25
巻末に自己診断できるチェックシートがあったのだけど、これ絶対、誰か彼かは当てはまるようになってるよね。こんなに多くのパーソナリティ障害があるのに驚きました。細かく分類すると、絶対自分に当てはまると思う。私は自己愛、妄想性、回避性が同数で一番多かったのがスキゾタイパル…うん、合ってるわ~…(^^;)))2018/11/09

ちーさん

23
パーソナリティ障害とはやはり環境が生み出すものなのか。個々のパーソナリティ障害についての説明もあったので分りやすかった。環境が生み出したのならば、環境もパーソナリティ障害への対応の仕方を模索するときがきているのではないだろうか。大きな力になると書いてあったし、長所を活かせば有益になるだろう。周りの理解が必要になってくるので、知識として持っていたい。自分自身がパーソナリティ障害の場合もある。チェックシートがあったのでやってみたらシゾイドでした。解決方法が究めろ。うん、そうしよう。2018/06/07

くまクマ

23
自分に強いこだわりを持ち、とても傷つきやすく、愛し下手であるのが、パーソナリティー障害の特徴。その根底にあるのは自己愛の障害だと言う。自分を大切に出来る能力が育まれていないと陥ってしまうのかもしれない。2015/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/479982

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。