こころの科学叢書<br> 子と親の臨床―そだちの臨床〈2〉

個数:

こころの科学叢書
子と親の臨床―そだちの臨床〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 20時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535804388
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3047

内容説明

子どもだけを診ることの危うさ。難治性の子とその親の臨床を積み重ね、子どもの発達障害と親の発達凸凹、子ども虐待の世代間連鎖など、発達障害とトラウマの複雑な関係を読み解く。

目次

第1章 私の児童精神医学事始め
第2章 発達精神病理学の力(成人の発達障害―発達障害と精神医学;タイムスリップ現象再考;発達精神病理学の力;自閉症の精神病理;三〇代を過ぎた自閉症)
第3章 本とあそび
第4章 複雑性PTSDの治療(発達障害への少量処分;自我状態療法―多重人格のための精神療法;日本の社会的養護と子どもの貧しさ;選択性緘黙の病理と治療;幼児期の食行動異常;発達障害とトラウマ)

著者紹介

杉山登志郎[スギヤマトシロウ]
1951年、静岡市に生まれる。1976年、久留米大学医学部卒業。久留米大学医学部小児科、名古屋大学医学部精神科、静岡県立病院養心荘、愛知県心身障害者コロニー中央病院精神科医長、カリフォルニア大学留学、名古屋大学医学部精神科助手、静岡大学教育学部教授を経て、2001年、あいち小児保健医療総合センター心療科部長兼保健センター長。2010年、浜松医科大学児童青年期精神医学講座教授。現在、同大学客員教授。日本小児精神神経学会常務理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

発達障害臨床・研究の最前線に立つ著者の最新論集。近年「力」を入れている「発達精神病理学」と「発達障害とトラウマ」を詳述。

第1章 私の児童精神医学事始め

  私の児童精神医学事始め

第2章 発達精神病理学の力

    神経発達障害とは何か

    発達精神病理学の力

    自閉症の精神病理

    成人の発達障害

タイムスリップ再考

30代を過ぎた自閉症

第3章 本と遊び

第4章 発達障害とトラウマ

    発達障害と複雑性PTSD 

発達障害への少量処方

    自我状態療法

    社会的養護と子どもの貧しさ

    選択性緘黙

    乳幼児期の食行動異常

    発達障害とトラウマ



杉山登志郎[スギヤマ トシロウ]
浜松医科大学児童青年期精神医学講座特任教授