• ポイントキャンペーン

依存性パーソナリティ障害入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535562189
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3011

内容説明

日本人の特性をあらわすキーワード…それは「依存性」にほかならない。『危ない精神分析』で論争を巻き起こした著者による渾身の書き下ろし。

目次

序章 ミロンとその典型事例
第1章 依存性の研究史
第2章 臨床的特徴
第3章 依存性性格のサブタイプ
第4章 諸家の見解
第5章 治療経過の具体例
第6章 依存性パーソナリティ障害の発達過程
第7章 依存性パーソナリティ障害と精神疾患の合併
第8章 依存性パーソナリティ障害の治療論

著者等紹介

矢幡洋[ヤハタヨウ]
1958年東京都生まれ。京都大学文学部卒業。西武文理大講師、矢幡心理教育研究所所長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りょおおお

1
身近な人を思い浮かべながら読んでいた。その身近な人というのは本書で述べているように幼少期、家族関係で問題があった人ばかりだった。そういう、依存的な人というのは似かよるのだなーと。2013/06/11

ぶきちゃん

0
大学で入門編として扱われるレベルの内容だと思います。小難しい話も多く、そういう所はパラ読みでも支障はありませんでした(笑)「依存傾向の強い健康者」も含めて、依存性性格者としているので、自分も入れて思い当たる人が身の回りにも何人かいますね。自分の性格に思い悩んでる人は、診察を受けてみるのも良いかもと思いました。治療経過の具体例であげられていたイメージ法は、興味深かったです。2015/10/22

hikarunoir

0
己の異常さも疑いたくなるほど遍在する感覚ながら、無害さから見過ごされた狂気。誰の身近にも必ず思い当たる異常者はいるはず。2013/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538347

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。