会計学一般教程 (第7版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 628p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502285301
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C3034

内容説明

会社法、最新会計基準等をフォローし激変する制度の理論的本質を解き明かす。

目次

1 総説
2 産業構造の変化と会計のあり方
3 会社法計算規定の構造
4 損益計算論
5 貸借対照表論
6 企業結合会計
7 時価会計とヘッジ会計
8 キャッシュ・フロー計算書
9 連結情報
10 財務内容開示制度

著者等紹介

武田隆二[タケダリュウジ]
愛知工業大学大学院客員教授・経営学博士(神戸大学)。神戸大学名誉教授・大阪学院大学名誉教授。TKC全国会最高顧問。日本会計研究学会元会長。日本学術会議元会員。大蔵省企業会計審議会の幹事・臨時委員を歴任。公認会計士試験委員・税理士試験委員を歴任。放送大学元客員教授。税務会計研究学会副会長(現職)。日経経済図書文化賞、日本会計研究学会賞等を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。