ちくま文庫<br> つむじ風食堂の夜

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
つむじ風食堂の夜

  • 吉田 篤弘【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 筑摩書房(2005/11発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 25pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 189p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480421746
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

懐かしい町「月舟町」の十字路の角にある、ちょっと風変わりなつむじ風食堂。無口な店主、月舟アパートメントに住んでいる「雨降り先生」、古本屋の「デニーロの親方」、イルクーツクに行きたい果物屋主人、不思議な帽子屋・桜田さん、背の高い舞台女優・奈々津さん。食堂に集う人々が織りなす、懐かしくも清々しい物語。クラフト・エヴィング商會の物語作家による長編小説。

著者等紹介

吉田篤弘[ヨシダアツヒロ]
1962年東京生まれ。1998年より、パートナーの吉田浩美とともに、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作および装幀の仕事を続けてきた。2001年、講談社出版文化賞・ブックデザイン賞を受賞。また、同商會の活動とは別に小説作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

816
黄昏から夜のしじまへと向かう時間。そして空間は、どことも知れぬ月舟町。どこか懐かしさの漂う街だ。豆腐屋さんがあったりもするけれど、それはどこかパリの下町―そう例えばモンパルナス界隈を想わせたりもする。あるいは、「あとがき」に出てくるリスボンの寂しさも似あうかも知れない。物語に大きな起伏のないところもいい。恋だって、そのほんの入り口まで。小説の中の色彩は終始モノトーンだ。珈琲の香りと、微かにクロケットの匂いはあるが、ここには音がない。静かな静かな界隈なのだ。たまさかに吹くつむじ風は、読者をも消滅へと誘う。2015/06/30

へくとぱすかる

516
街の中の小食堂に集まる人々の、ちょっとした出来事、心のさざ波。クラフトエヴィング商会らしく、悲壮感のない、どこか人工的な雰囲気につつまれて、物語というより日常の風景を切り取った作品。深刻な、文学文学した(?)小説世界からは、遠く切り離された、星新一や別役実の作品に通じるような世界を感じる。長編だけど連作短編として気楽に読んで、しかし心に沁みた。2019/05/20

ダリヤ

376
つむじかぜにのって、しょくどうにあつまるひとびとがかわす、かいわ。くろけっと、えすぷれっそ、おれんじ、てじな。こころがあたたまる、そんなおはなしたち。とうがらしのふるほんをかうときのおはなしがとてもすきで、なんどもよみかえしてしまいました。2011/06/14

seacalf

350
『あなたはまだこの面白い小説を知らない』青山ブックセンター六本木店で、三年連続、すべての本の売り上げ第一位。この文庫本には、そんな帯がついていた。ミーハーな自分はテンションが上がるではないか。クラフト・エヴィング商會の人なのでデザイン性が強く、良くも悪くも軽やか。お気に入りになりそうな可愛いらしい人々が登場し、さらっと読めるので癒し効果は高め。個人的には「月舟町」より「月光町」の方が数倍魅力的かな。それにしても、この作品が三年連続売り上げ一位???うむむ。2017/03/28

hnzwd

318
月舟町という小さな町を舞台にした連作短編集。一話ごとに何か結論がある訳では無いんですが、たんたんと静かに、柔らかな表現で描かれる優しさが、心に染み込んでくるようでした。一冊通しても劇的な事件は何も起きないのに、なぜかやる気を貰った気がしました。何故もっと早く読まなかったのか、と後悔させられることがあるのですが、そんな一冊に出会えました。2014/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559130

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。