ちくま学芸文庫<br> カニバリズム論

個数:
電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり

ちくま学芸文庫
カニバリズム論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月23日 11時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480098023
  • NDC分類 904
  • Cコード C0139

内容説明

カニバリズム(人肉嗜食)は人類の根源的タブーのように思われながら、実のところその痕跡は古来より無数に残されてきた。著者の専門は中国でありながら、古今東西の記録・小説を博捜し、ときに舌鋒鋭く、ときに諧謔と皮肉をもってカニバリズムを縦横無尽に論じる。人間の薄っぺらな皮膚を両手で思い切りめくり上げ、曝し、目を背けたくなるようなものを直視することで、「近代合理主義精神」なるものの虚構を暴き、「良識」を高らかに嗤いとばす。人肉嗜食、纏足、宦官…。血の滴るテーマで人間の真実に迫る異色の作品。

目次

1(カニバリズム論―その文学的系譜;迷宮としての人間―革命・悪・エロス;“食”の逆説―開高健氏「最後の晩餐」をめぐって;中国人における血の観念)
2(魔術における中国―仏陀とユートピア;中国残酷物語―マゾヒズムの文化史;虚構と遊戯―中国人の性格について)
3(王国維とその死について―一つの三島由紀夫論のために;恐怖の本質―アンドレーエフ「血笑記」と魯迅「狂人日記」)

著者等紹介

中野美代子[ナカノミヨコ]
1933年北海道札幌市生まれ。北海道大学文学部中国文学科卒業。北海道大学文学部、言語文化部教授を経て、同大学名誉教授。中国文化史家。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

根源的タブーの人肉嗜食や纏足、宦官・・・。目を背けたくなるものを冷静に論ずることで逆説的に人間の真実に迫る血の滴る論文集。解説_山田仁史

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件